最新記事

ベトナム

バンコクで不明のベトナム人権活動家、警察官装ったベトナム軍軍人が拉致? タイ当局も関与か

2019年2月15日(金)18時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

バンコクで消息を絶ったトゥルオン・ドゥイ・ナット氏(中央)と、政府に捜査協力を訴えた妻のカオ・テイ・スアン・プアンさん(右) ナット氏のフェイスブックから

<米朝首脳会談が2月下旬に開催されるベトナムは北朝鮮同様、一党独裁制による政治的弾圧が行われる国。海外に渡航し亡命しようとした人権活動家は当局によって拉致されたのか?>

タイのバンコクで1月26日以降行方が不明となっているベトナム人の人権活動家でブロガーでもあるトゥルオン・ドゥイ・ナット氏(55)について、ベトナム人の妻が政府に捜索を依頼する書簡を送り、協力を求めていることがわかった。

その一方でナット氏の行方不明はベトナム人治安当局者がタイ警察官を装って実行した「拉致」であり、ナット氏がすでにベトナムに連行され、当局の監視下におかれている可能性が極めて高いことが関係者の情報で明らかになった。

こうしたことからナット氏行方不明事件はタイ当局も関係した国際的な人権侵害事案としてクローズアップされてきており、ベトナム政府と同じようにタイ政府にも説明責任が求められている事態となっている。

ナット氏が寄稿していた「ラジオ・フリー・アジア」によると、ナット氏の妻カオ・テイ・スアン・プアンさんは2月9日付けで送付した書簡で、「夫のナットは1カ月以上前に理由を告げずにダナンの自宅から姿を消した。1月25日にバンコクの国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)へ赴き、その翌日の26日に行方不明になった」と事実関係を記している。そのうえで「タイ政府はナットの行方不明に一切関係していないとしているが、うわさではベトナム治安当局者によって拉致され、ベトナム国内に密かに連行されているという。夫ナットの安全と健康状態について心配している」として、ベトナム政府へ行方に関する情報提供、捜索協力を依頼している。

ナット氏の知人によってFace Bookにアップされたこの書簡はベトナム中央政府、外務省、警察省、国防省、夫妻の居住地であるダナン市の警察本部宛てになっている。

書簡ではベトナムと各国の報道機関に対してもナット氏の行方不明事案への関心と注目を呼びかけている。

タイ警察を装って拉致か

在外ベトナム人人権組織によると、1月26日にバンコク北郊の大規模ショッピングモール「フューチャーパーク」内のアイスクリーム店付近でナット氏は「拉致」されたというが、この際、タイ警察の警察官の服装をした複数の人間に身柄を確保された可能性が高いことが分かった。

人混みの中でナット氏が簡単に身柄を拘束された経緯が不明だったが、タイ警察の制服を着用した人物らだったので、大声を上げて騒ぐこともなく、抵抗もせずに「求められたであろう同行」に応じたとみられている。

もし少しでもナット氏が不信感や恐怖心を抱けば騒ぐなり、抵抗するなりして周辺の人々の注意を引いたことは確実だが、これまで参考となるような目撃情報が出てこないのは、タイ警察官を装った「拉致」だったからとみられている。

そして「拉致」の実行犯については、ベトナム情報機関員あるいは警察官などの可能性が指摘されていたが、ベトナム軍の軍人である可能性が指摘されている。

正規の軍人がタイにどのような経路で入国し、どういった手段でタイ警察官の制服を入手し、いつナット氏を連行して、どのようにベトナムに連行して帰ったのかなど、依然として謎は残されている。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月