最新記事

【動画】乳児虐待で警察に捕まった「ベビーヨガ」とは

Russian Parents Arrested After Swinging Baby in Air

2019年2月6日(水)16時34分
カラム・パトン

クアラルンプールの路上で自分の赤ん坊を振り回して逮捕されたロシア人の男 Zayl Chia Abdulla/FACEBOOK

<捕まったのは、今どきのバックパッカー夫婦。自分たちの子供を使った「芸」で小遣いを稼ごうとしたららしい>

マレーシアの首都クアラルンプールで2月4日、路上パフォーマンスを行っていたロシア人の男女2人が逮捕された。赤ん坊の両脚を掴んで逆さにし、乱暴に振り回す男性の動画がネット上で拡散し、虐待だ、と非難が殺到したためだ。

赤ん坊の父親である男性は、妻とともにマレーシア警察に拘束された。

クアラルンプール市警本部のマズラ・ラジム本部長は身柄拘束の理由をAFPに「生後4カ月の娘を虐待した疑い」だと述べた。報道によれば、この夫婦は2月1日にタイからマレーシアに入国した旅行者だという。

フェイスブックに動画を投稿したユーザーの1人、ザイル・チア・アブドゥラは、虐待行為を止めさせたかったと述べた。

逮捕された28歳の男性と27歳の妻の行為を、まだ幼い子どもがケガをする恐れがあった、とアブドゥラは非難した。2月3日のフェイスブックへの投稿には、「この路上パフォーマーは逮捕しなくては! 何とかしてください」と書いていた。

ゆったりしたTシャツに半ズボン、ひげ面で長髪、はだしという格好の父親が、おむつだけをつけた赤ん坊を、自分の脚の間で振り回したり、空中に放り投げたりする様子が確認できる。同じく旅行者とみられる別の3人が、路上に座り込み、背景の音楽に合わせて伝統楽器を演奏する様子も映っている。

この動画が投稿されると、インターネット上で批判の声が巻き起こった。また、香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストによると、マレー語で「バカな。よくこんなことができるものだ」と非難する男性の声が入っているという。

今時のバックパッカー文化

一方で、父親の行為はベビーヨガのようだ、と擁護する声もあった。ベビーヨガは、ロシアでは合法ながら、大きな論争を呼んでいるエクササイズだ。幼い子どもを鍛え、発達を促す効用があるといわれる一方、医療専門家からは、ベビーヨガの危険性は、どんな効用よりはるかに大きいと危惧する声が出されている。


ベビーヨガと銘打ったネット動画

サウスチャイナ・モーニングポストによると、今回ロシア人夫婦が逮捕される原因となった路上パフォーマンスは、最近のバックパッカーのトレンドを反映しているという。物乞いをしたり、小物を売ったり、大道芸の真似事をして小銭を稼ぎながら世界を旅することで、「ベグ(物乞い)パッカー」という新語もあるほど。。

「ベグ・パッキング」はマレーシアではとくに違法ではないものの、ソーシャルメディア上ではこれを白人の特権だと批判する声もある。地元住民にはとても手が届かないような海外旅行の費用を、現地住民を搾取してまかなうのはおかしい、というわけだ。

サウスチャイナ・モーニングポストが引用したフェイスブック利用者はこう書いている。「これは現代のヒッピー運動だ。西側の人々は金を持たずに旅行することを『英雄的な行為』と讃えるが、地元の人々から見れば理不尽以外の何物でもない」

(翻訳:ガリレオ)

※2019年2月12日号(2月5日発売)は「袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ」特集。なぜもめている? 結局どうなる? 分かりにくさばかりが増すブレグジットを超解説。暗雲漂うブレグジットの3つのシナリオとは? 焦点となっている「バックストップ」とは何か。交渉の行く末はどうなるのか。

ニュース速報

ワールド

WHO、中国外の新型肺炎の人から人への感染懸念 中

ビジネス

米ボーイング、19年通期は22年ぶり赤字 墜落機の

ワールド

トランプ大統領、新NAFTAに署名 成長押し上げに

ワールド

トランプ米大統領、新型肺炎巡り中国と連携 国家主席

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 2

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    新型コロナウイルスについて医学的にわかっていること

  • 5

    日本一「日本」を伝える中国SNSの女神「林萍在日本」

  • 6

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 7

    できる子、裕福な子が標的になる、日本のいじめの特…

  • 8

    30日、アメリカ上空で二つの衛星が衝突するおそれ

  • 9

    イヌ特有の能力と思われていた「取ってこい」遊び、…

  • 10

    日本製品の次は中国人観光客ボイコット? 韓国、中国…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 5

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 6

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 7

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 8

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 9

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 10

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月