最新記事

【動画】乳児虐待で警察に捕まった「ベビーヨガ」とは

Russian Parents Arrested After Swinging Baby in Air

2019年2月6日(水)16時34分
カラム・パトン

クアラルンプールの路上で自分の赤ん坊を振り回して逮捕されたロシア人の男 Zayl Chia Abdulla/FACEBOOK

<捕まったのは、今どきのバックパッカー夫婦。自分たちの子供を使った「芸」で小遣いを稼ごうとしたららしい>

マレーシアの首都クアラルンプールで2月4日、路上パフォーマンスを行っていたロシア人の男女2人が逮捕された。赤ん坊の両脚を掴んで逆さにし、乱暴に振り回す男性の動画がネット上で拡散し、虐待だ、と非難が殺到したためだ。

赤ん坊の父親である男性は、妻とともにマレーシア警察に拘束された。

クアラルンプール市警本部のマズラ・ラジム本部長は身柄拘束の理由をAFPに「生後4カ月の娘を虐待した疑い」だと述べた。報道によれば、この夫婦は2月1日にタイからマレーシアに入国した旅行者だという。

フェイスブックに動画を投稿したユーザーの1人、ザイル・チア・アブドゥラは、虐待行為を止めさせたかったと述べた。

逮捕された28歳の男性と27歳の妻の行為を、まだ幼い子どもがケガをする恐れがあった、とアブドゥラは非難した。2月3日のフェイスブックへの投稿には、「この路上パフォーマーは逮捕しなくては! 何とかしてください」と書いていた。

ゆったりしたTシャツに半ズボン、ひげ面で長髪、はだしという格好の父親が、おむつだけをつけた赤ん坊を、自分の脚の間で振り回したり、空中に放り投げたりする様子が確認できる。同じく旅行者とみられる別の3人が、路上に座り込み、背景の音楽に合わせて伝統楽器を演奏する様子も映っている。

この動画が投稿されると、インターネット上で批判の声が巻き起こった。また、香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストによると、マレー語で「バカな。よくこんなことができるものだ」と非難する男性の声が入っているという。

今時のバックパッカー文化

一方で、父親の行為はベビーヨガのようだ、と擁護する声もあった。ベビーヨガは、ロシアでは合法ながら、大きな論争を呼んでいるエクササイズだ。幼い子どもを鍛え、発達を促す効用があるといわれる一方、医療専門家からは、ベビーヨガの危険性は、どんな効用よりはるかに大きいと危惧する声が出されている。


ベビーヨガと銘打ったネット動画

サウスチャイナ・モーニングポストによると、今回ロシア人夫婦が逮捕される原因となった路上パフォーマンスは、最近のバックパッカーのトレンドを反映しているという。物乞いをしたり、小物を売ったり、大道芸の真似事をして小銭を稼ぎながら世界を旅することで、「ベグ(物乞い)パッカー」という新語もあるほど。。

「ベグ・パッキング」はマレーシアではとくに違法ではないものの、ソーシャルメディア上ではこれを白人の特権だと批判する声もある。地元住民にはとても手が届かないような海外旅行の費用を、現地住民を搾取してまかなうのはおかしい、というわけだ。

サウスチャイナ・モーニングポストが引用したフェイスブック利用者はこう書いている。「これは現代のヒッピー運動だ。西側の人々は金を持たずに旅行することを『英雄的な行為』と讃えるが、地元の人々から見れば理不尽以外の何物でもない」

(翻訳:ガリレオ)

※2019年2月12日号(2月5日発売)は「袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ」特集。なぜもめている? 結局どうなる? 分かりにくさばかりが増すブレグジットを超解説。暗雲漂うブレグジットの3つのシナリオとは? 焦点となっている「バックストップ」とは何か。交渉の行く末はどうなるのか。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月