最新記事

袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ

英メイ首相、EUに離脱協定の修正要求へ 7日にブリュッセルのEU本部訪問

2019年2月6日(水)10時31分

英国の欧州連合(EU)離脱協定を巡りメイ英首相(写真)は7日にブリュッセルを訪れ、北アイルランド国境問題について法的拘束力のある協定修正を要求する。ベルファストでのスピーチを代表撮影(2019年 ロイター)

英国の欧州連合(EU)離脱協定を巡りメイ英首相は7日にブリュッセルを訪れ、北アイルランド国境問題について法的拘束力のある協定修正を要求する。修正が受け入れられなければ、合意なき離脱となる可能性があると警告する見込みだ。

英国のEU離脱は52日後に迫っているが、11月に合意した離脱協定案を変えられるかどうかで依然議論が続いている。離脱の後ずれや土壇場での合意、もしくは合意なき離脱などさまざまなシナリオがあり得る状況だ。

英議会は1月、メイ首相とEUが取り決めた離脱合意案を否決した。EU加盟国であるアイルランドと英国領の北アイルランド間の国境について、厳格な国境検査を避けるための措置が移行期間中に決まらなければ英国がEU単一市場の一部ルールに従うというバックストップ(安全策)に英議会は反対し、変更を求めた。

メイ首相は5日に北アイルランドを訪れ、域内の平和を確保するような秩序ある離脱を遂行する旨を伝える意向だ。

2017年の総選挙で過半数割れとなったメイ首相率いる保守党を支えるため閣外協力する北アイルランドの地域政党・民主統一党(DUP)のフォスター党首は、離脱協定で合意を望むものの、現在の安全策は変更する必要があるとの立場を明確にした。BBCラジオで「現在の安全策は北アイルランドの住人にとって害となると主張し続けてきた」と述べた。フォスター氏は6日にメイ氏と会談する。

EU側のバルニエ首席交渉官は4日、EUは離脱協定案と安全策を再交渉しないが、離脱後に安全策の代替措置を模索する可能性はあると述べた。

EU側は合意なき離脱を避けたい考えだ。EUで最大の権威を有するドイツのメルケル首相は5日、膠着状態の打開策には創意工夫が必要との見方を示した。東京で開催された経済関係者らとの会議で「政治的な観点からは時間はまだある」と語った。

英国の修正案を待つEUでは、離脱が後ずれするとの見方が外交官や当局者らの間で高まっている。あるEU外交官は「数週間だけかもしれないし、5月末、7月上旬となるかもしれない。後ずれしても合意できるかは分からないが、少なくとも時間は作れる」と述べた。

[ロンドン/ブリュッセル 5日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

◇ ◇ ◇

※ニューズウィーク日本版2019年2月12日号(2月5日発売)は「袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ」特集。なぜもめている? 結局どうなる? 分かりにくさばかりが増すブレグジットを超解説。暗雲漂うブレグジットの3つのシナリオとは? 焦点となっている「バックストップ」とは何か。交渉の行く末はどうなるのか。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月