最新記事

環境

深刻化するバンコクの大気汚染 熱帯の都市にマスク着用は根付くか?

2019年1月16日(水)14時45分
大塚智彦(PanAsiaNews)


空からの降雨作戦のようすを伝える現地メディア TNN24 / YouTube

航空機による人工降雨作戦開始

一方、1月15日からは農業航空局が航空機で市内上空に塩化ナトリウムなどの薬剤を散布し、人工的に雨を降らせる「人工降雨作戦」を開始した。関係者は「実際に雨が降るかどうかはその時の気象状況にもよる」としているが、2機が飛んだ15日はバンコク中心部など複数の地点で降雨が観測されたという。この降雨作戦は18日まで断続的に実施する予定とされ、その効果に期待が寄せられている。

大気汚染は風の影響などでバンコク南東部のリゾート観光地パタヤでも観測されるなどバンコク首都圏から周辺地区にも拡大しており、効果的な対応が急務となっている。

国際的な環境団体「グリーンピース」のタイ支部は大気の汚染状況を示す「大気質指数(AQI)」でバンコクは世界の都市のワースト10にランクされる状況にある、と指摘。

AQIでは大気の汚染度を6段階(良好・中程度・繊細な人には不健康・不健康・非常に不健康・危険)に区分しているが、最近のバンコクは「誰もが健康への影響を受け始める可能性があり、より繊細な人はさらに深刻な健康被害が予想される」という「不健康」のレベルに分類されており、グリーンピースは政府に早急な対策と市民への警戒を呼びかけている。

タイは現在2月まで続く乾季にあり、その後猛暑の暑気を迎え、4月の中旬以降に待望の雨期を迎える。このため、今後数カ月は大気汚染問題がバンコク市民にとってもプラユット政権にとっても最大のそして緊急の課題となる。

タイはプラユット政権が2月24日に民政移管の総選挙実施を打ち出したが、王室行事との関係で再度延期の可能性が出てきたことから「総選挙延期反対」の市民デモや集会がこのところ頻発するなど社会不安も高まりつつある。

気温35度から37度、ときに40度近くまでなるタイらしい猛暑の暑気を前に、タイは政治的、社会的にも「熱い季節」に突入しており、そこに大気汚染という環境問題が輪をかけて、昼間は息苦しく、夜は寝苦しい日々が続くことになりそうだ。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

 2022080916issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年8月9日/16日号(8月2日発売)は「世界が称賛する日本の暮らし」特集。日本人が気付かない日本の魅力を16人に聞いた。パックン/アルトゥル/エマニュエル米大使/カン・ハンナ/レニック…

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシア、イランの衛星打ち上げ ウクライナで利用との

ワールド

仏ワイン生産、今年は回復見通し 干ばつが抑制も

ワールド

中国廊坊市、住宅購入制限を全廃 需要喚起狙い

ワールド

中国の軍事演習、台湾侵略作戦の一環=台湾外相

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 7

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 8

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月