最新記事

北朝鮮

金正恩「新年の辞」の輸入ファッションに北朝鮮国民が幻滅

2019年1月10日(木)11時15分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

全て輸入品のスーツ、靴、高級ソファー、本棚に囲まれて「新年の辞」に登場した金正恩 KCNA-REUTERS

<北朝鮮の元旦恒例の「新年の辞」に輸入ファッションで身を固めて登場した金正恩。人民の最高指導者という権威を示せない姿に国民は幻滅している>

現在の朝鮮民主主義人民共和国の前身となる北朝鮮臨時人民委員会ができる前の1946年1月1日、朝鮮共産党北朝鮮分局の責任書記だった金日成氏(後の主席)は、「新年を迎え全国人民に告ぐ」というタイトルで演説を行った。

北朝鮮の最高指導者はこれ以降、形式は異なれど毎年1月1日に「新年の辞」を発表し続けてきた。金正恩党委員長は今年も「新年の辞」を発表したが、北朝鮮国民からの反応はさほど芳しくない。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋によると、労働者は勤め先に、それ以外の人は人民班長(町内会長)の家に集まり、テレビで「新年の辞」の発表を視聴した。情報筋は「新年の辞を見る住民が、今年のようにテレビに釘付けになったのは初めてかも知れない」として、その理由を次のように説明した。

「数十年間、わが国(北朝鮮)の新年の辞は、壇上にある首領(金日成氏)の半身像を写しながら読み上げるのが慣例だったが、今年のようにソファーに腰掛けて書類を手に持ち読み上げたのは、常識破りの破格の変化」(情報筋)

ところが、発表を見守った地域住民の視線は、金正恩氏のスーツ、靴、高級ソファー、本棚に集中し、「すべて輸入品なものだから、人民の指導者というプロパガンダを鼻で笑うような雰囲気になってしまった」とのことだ。北朝鮮では、最高指導者の権威が何より重要とされるのに、まったく皮肉な結果だ。

参考記事:金正恩命令をほったらかし「愛の行為」にふけった北朝鮮カップルの運命

金正恩氏としては、気さくな感じを演出しようとしたようだったが、どこか不自然と感じ、むしろ逆効果だと情報筋は受け取った。

「ペーパーを見ながら新年の辞を発表する(金正恩氏の)視線が、どこか問答式通達競演大会で暗記した内容を発表する人を彷彿とさせた。威信が保たれておらず、非常に不自然だとの評価だった」

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋も、金正恩氏がソファーに腰掛けて新年の辞を読み上げる様子は衝撃的だったとしつつも、内容は「今年の新年の辞も昨年同様に国家経済発展5カ年計画の戦略的目標遂行に拍車をかけよう」というもので、何ら目新しいものはなかったと評価した。

「金正恩氏が政権の座についた直後には、皆が新年の辞に耳を傾け、若い指導者の新しいところを探そうとしていた。2017年の新年の辞では自らの能力不足を認め自責をする様子を見せた。いよいよ新たな変化が見えるかと期待していたのに」(情報筋)

咸鏡南道(ハムギョンナムド)の情報筋も、人民班(町内会)で集まって新年の辞を見たが、早く終わらないかと雑談しながら時間つぶししたという。内容への評価は散々なものだった。情報筋は最後にこう語った。

「毎年新年を迎え、人民生活の向上と人民の幸せを謳うが、それは強制動員と社会的支援(金品の供出)を意味することなので、むしろ不満に繋がるのだ」

参考記事:金正日が死んだ日なんか関係ねぇ......北朝鮮の若者たちが大暴れ

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月