最新記事

フィリピン

「イスラム国」に占拠されたミンダナオ島 戒厳令延長を決めたドゥテルテの狙いは?

2018年12月13日(木)19時10分
大塚智彦(PanAsiaNews)

2017年夏、戦争状態にあったミンダナオ島マラウィ Romeo Ranoco - REUTERS

<内戦さながらの戦闘が繰り広げられたミンダナオ島。武装勢力から解放して1年経過したが戒厳令を解除しないドゥテルテの狙いは?>

フィリピンの上下両院は12月12日、南部ミンダナオ島に出されている戒厳令をドゥテルテ大統領の要請に基づき、2019年12月末日まで延長することを圧倒的多数で可決、承認した。戒厳令は昨年末に2018年12月末まで延長することが決まっていたものので、今回さらに1年間再延長されることになった。

そもそもこの戒厳令は、2017年5月にミンダナオ島南ラナオ州の州都マラウィが中東のイスラムテロ組織「イスラム国(IS)」と関係があるとされるイスラム武装組織と、地元の犯罪組織「マウテ・グループ」によって武力占拠され、国軍部隊と戦闘状態になった際に出された。

当時ドゥテルテ大統領はマラウィ周辺の治安維持と軍・警察による作戦を柔軟に行えるようにと戒厳令を出した。2017年末までの期間限定とすることで、かつて戒厳令下で数々の人権侵害事件が起きたマルコス元大統領政権下の「暗黒時代」への逆戻りを懸念する人権団体や野党の声を抑え込んできた。

そして、2017年10月にマラウィが軍や警察によって解放され、武装組織のメンバーの多くは殺害もしくは逮捕され、壊滅状態となった。

しかし軍・警察による「残党がマラウィを解放前に脱出して各地で活動を再開したり、メンバーを集めたりして再結集の動きがある」という情報などを根拠に戒厳令の解除は見送られた。

そして2017年12月の戒厳令の期限切れ前には「ミンダナオ島の治安状況は依然として不安定である」との理由で2018年12月末まで延長されていた。

上下両院で圧倒的多数で再延長可決

フィリピン憲法では戒厳令に関する事案は上院、下院が合同で審議、投票することに規定されており、12日は政府側の趣旨説明のあと上下両院による合同投票が行われた。その結果下院では賛成223票、反対23票、上院では賛成12票、反対5票、棄権1票と、圧倒的多数で戒厳令の再延長が承認された。

戒厳令の再延長を求めるドゥテルテ政権側は「軍や警察による情勢分析、情報判断という総合的な判断に基づく」と2017年末の延長時とほぼ同様の抽象的な説明を繰り返すのみ。議会も慎重な審議とはほど遠い状態で可決、承認と一気に進んだ。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月