最新記事

日本経済

外国人技術者受け入れ、日本企業の8割が歓迎 一方で制度不備に不安の声

2018年12月7日(金)10時55分

12月7日、12月ロイター企業調査によると、入国管理法改正によって一定の技能を持つ外国人を対象に新たな在留資格を創設することについて、政府の受け入れ制度の不備を指摘する回答が多かったものの、労働力不足の緩和を理由に8割がおおむね歓迎する意向を示している。写真は外国人労働者。群馬県で2015年4月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

12月ロイター企業調査によると、入国管理法改正によって一定の技能を持つ外国人を対象に新たな在留資格を創設することについて、政府の受け入れ制度の不備を指摘する回答が多かったものの、労働力不足の緩和を理由に8割がおおむね歓迎する意向を示している。

賃金水準については、いまだに外国人労働者を安い労働力と位置付け、その影響で全体の水準が低下するとみている企業が3割ほどある一方、大半の企業の間には同一労働同一賃金の認識が広がっている。

調査は11月20日から12月3日にかけて実施、資本金10億円以上の中堅・大企業480社に調査票を送付し、230社程度が回答した。

入国管理法改正案では、一定の技能を有する外国人を「技能工」という新たな在留資格で受け入れ、永住につながる道も開く。

こうした制度を「歓迎する」との回答は全体の11%、「どちらかというと歓迎」が66%を占め、合わせて77%の企業が歓迎している。

「労働力不足の解消」(幅広い業種)のための即効薬として歓迎する企業が多い。

ただ、「日本での生活に安心を与えるべき。社会教育制度の整備が必要」(電機)、「受け入れに伴うインフラ対応・体制が追い付いていない」(窯業)などの指摘があり、社会保障や教育制度の問題などが未解決であるため、手放しでは歓迎できないとみているようだ。

このため「反対」「どちらかというと反対」と回答した企業も23%を占めた。「日本人の嫌がる労働を押し付けるような施策は、本来の姿ではない」(建設)、「人員不足の側面だけで議論されているが、移住者やその家族への補償、権利が不明確」(金属)といった指摘のほか、生活が不安定であれば「治安の悪化」につながるとの声も多かった。

日本企業全体の賃金水準がどう変化するかについて尋ねたところ、「上昇する」が11%、「変わらない」が61%を占めた。「低下する」は29%だった。

政府は、外国人技能工には日本人と同等ないしそれ以上の賃金水準求めている。

「上昇」ないし「変わらない」を予想する企業からは「外国人労働者であっても国内給与基準で採用。そうしないと技能収受者が転職する可能性がある」(繊維・紙パ)、「低賃金だと製品の品質が低下することになる」(機械)といった理由が挙げられた。

しかし一方で「下がる」とみている3割の中には、いまだに日本人との二重賃金を想定し、「 安い労働力を求めて結果的に下がる」(その他製造)、「海外からの労働力は割安」(多くの企業)といった従来型の認識を持つ企業も多そうだ。

(中川泉 編集:山川薫)

[東京 7日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



※12月11日号(12月4日発売)は「移民の歌」特集。日本はさらなる外国人労働者を受け入れるべきか? 受け入れ拡大をめぐって国会が紛糾するなか、日本の移民事情について取材を続け発信してきた望月優大氏がルポを寄稿。永住者、失踪者、労働者――今ここに確かに存在する「移民」たちのリアルを追った。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月