最新記事

移民

米移民収容施設でまた子供が死亡、今度は8歳男児

Another Migrant Child Dies in Border Patrol Custody

2018年12月26日(水)16時26分
ニコール・グッドカインド

メキシコとの国境の町テキサス州エルパソにやってきた不法移民と子供たち(2018年12月25日) Jose Luis Gonzalez-REUTERS

<今月初めに亡くなった7歳女児と同じく、拘束されてすぐの死。いったい何が起こっているのか>

米税関・国境取締局(CBP)は、拘束していた8歳のグアテマラ人の少年が12月25日に死亡したことを認めた。

少年は、クリスマスにあたる12月25日の真夜中すぎに、ニューメキシコ州アラモゴードにあるジェラルド・チャンピオン地域医療センターで死亡した。少年は、父親とともにCBPに拘束されていた。

米国土安全保障省(DHS)の公式声明によれば、米国境警備隊の隊員が24日に不調に気づき、少年を父親とともに近くの病院に搬送したという。

テキサス州選出の下院議員ホアキン・カストロは声明のなかで、この少年の名をフェリペ・アロンゾ・ゴメスと明かし、「これまで何人の子どもがCBPの拘束下で死亡したのかを含め、多くの疑問がまだ答えられていない」と述べた。

CBPによれば、少年は当初、風邪と診断されたが、その後急に高熱が出たという。抗生物質のアモキシリンと解熱剤のイブプロフェンを処方され、24日午後に病院から施設に戻った。死亡したのは、そのすぐあとだ。

正式な死因は、まだ明らかになっていない。CBPによれば、現在は公式な調査を実施している最中であり、さらなる情報があれば、入り次第公表するという。

独房に入れられていた?

グアテマラの外相によれば、少年と父親は先週テキサス州エルパソでアメリカに入国した。AP通信によれば、その後23日に約160キロほど離れたニューメキシコ州アラモゴードにある国境警備隊の施設まで移動させられたという。

CBPの関係者がワシントン・ポスト紙に語ったところによると、父親と少年は、収容所が過密状態であることから、ラス・クルーセスとアラモゴードの間にある検問所の狭い独房に入っていたという。検問所で拘束されている子どもは、屋外に出ることを許されていない。

CBPの拘束下にある子どもが死亡したのは、12月に入ってからこれで2人目だ。7日には、ジャクリン・カールという7歳のグアテマラ人少女が、父親とともに拘束された数時間後に死亡している。

グアテマラ政府は少年の死亡に関する通知を受けており、「現在、父親やグアテマラにいる親族と連絡をとっている」とCBPは述べている。国土安全保障省(DHS)の監察総監室と、しかるべき議員にも連絡したという。

DHSは25日のリリースで、「不法に、もしくは許可なく米国国境に達した、同伴者のいない子どもや家族の数は、依然として大きく増加している」と書いている。「そうした人々は、既存の法に従い退去させるか入国させるかを審理するあいだ、連邦政府施設に留め置かれる。拘留中は、医療検診を行い、必要があれば治療も施す」

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月