最新記事

移民

米移民収容施設でまた子供が死亡、今度は8歳男児

Another Migrant Child Dies in Border Patrol Custody

2018年12月26日(水)16時26分
ニコール・グッドカインド

メキシコとの国境の町テキサス州エルパソにやってきた不法移民と子供たち(2018年12月25日) Jose Luis Gonzalez-REUTERS

<今月初めに亡くなった7歳女児と同じく、拘束されてすぐの死。いったい何が起こっているのか>

米税関・国境取締局(CBP)は、拘束していた8歳のグアテマラ人の少年が12月25日に死亡したことを認めた。

少年は、クリスマスにあたる12月25日の真夜中すぎに、ニューメキシコ州アラモゴードにあるジェラルド・チャンピオン地域医療センターで死亡した。少年は、父親とともにCBPに拘束されていた。

米国土安全保障省(DHS)の公式声明によれば、米国境警備隊の隊員が24日に不調に気づき、少年を父親とともに近くの病院に搬送したという。

テキサス州選出の下院議員ホアキン・カストロは声明のなかで、この少年の名をフェリペ・アロンゾ・ゴメスと明かし、「これまで何人の子どもがCBPの拘束下で死亡したのかを含め、多くの疑問がまだ答えられていない」と述べた。

CBPによれば、少年は当初、風邪と診断されたが、その後急に高熱が出たという。抗生物質のアモキシリンと解熱剤のイブプロフェンを処方され、24日午後に病院から施設に戻った。死亡したのは、そのすぐあとだ。

正式な死因は、まだ明らかになっていない。CBPによれば、現在は公式な調査を実施している最中であり、さらなる情報があれば、入り次第公表するという。

独房に入れられていた?

グアテマラの外相によれば、少年と父親は先週テキサス州エルパソでアメリカに入国した。AP通信によれば、その後23日に約160キロほど離れたニューメキシコ州アラモゴードにある国境警備隊の施設まで移動させられたという。

CBPの関係者がワシントン・ポスト紙に語ったところによると、父親と少年は、収容所が過密状態であることから、ラス・クルーセスとアラモゴードの間にある検問所の狭い独房に入っていたという。検問所で拘束されている子どもは、屋外に出ることを許されていない。

CBPの拘束下にある子どもが死亡したのは、12月に入ってからこれで2人目だ。7日には、ジャクリン・カールという7歳のグアテマラ人少女が、父親とともに拘束された数時間後に死亡している。

グアテマラ政府は少年の死亡に関する通知を受けており、「現在、父親やグアテマラにいる親族と連絡をとっている」とCBPは述べている。国土安全保障省(DHS)の監察総監室と、しかるべき議員にも連絡したという。

DHSは25日のリリースで、「不法に、もしくは許可なく米国国境に達した、同伴者のいない子どもや家族の数は、依然として大きく増加している」と書いている。「そうした人々は、既存の法に従い退去させるか入国させるかを審理するあいだ、連邦政府施設に留め置かれる。拘留中は、医療検診を行い、必要があれば治療も施す」

(翻訳:ガリレオ)

20240227issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年2月27日号(2月20日発売)は「開戦2年 ウクライナが敗れる日」特集。アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学を読み解く

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ小反発、エヌビディアは引

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMC議事要旨受け

ビジネス

FRB内のバランスシート縮小巡る議論、3月FOMC

ビジネス

FRB、尚早な利下げに懸念 不確実性強調=議事要旨
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中