最新記事

事故

【動画】溺れる奇術師──脱出マジックに失敗し、観客の前で

Magician Rescued From Drowning After Failing Stunt

2018年11月14日(水)16時30分
ジョン・レモン

溺死寸前で助けられ、病院で事故を振り返る奇術師、ペドロ・ボルタ Pedro Volta/YOUTUBE

<溺れて苦しむさまを子供たちにも見せてしまった奇跡の生還劇>

水中から脱出するマジックを披露しようとしたスペインの奇術師が、拘束衣を脱ぐのに失敗して観客の目の前で溺死しかけた。

会場は、マドリード近郊のナバセラダにある広場。幼い子どもたちを含む大勢の観衆の前で、奇術師のペドロ・ボルタは拘束衣を着て水で満たしたタンクに入った。早速、拘束衣を脱ごうとしたボルタはそのうち苦しみはじめ、動かなくなる。そこで助手たちが異常に気づき、タンクに駆け寄ってボルタを自ら引き上げた。異変を察知した子供たちは泣き出した。

奇術師ボルタが水に入ってから救出されるまで YOUTUBE


スペインの「エル・ムンド」紙によれば、ボルタは救出されるまで約2分間、水中にいたという。

助手の対応は迅速だったが、ボルタはあやうく死にかけた。「4分間、心肺が止まり、文字どおり死んでいた」と、ボルタはスペインの「マルカ」紙に語った。助かったのは嬉しいが、見苦しい場面を見せてしまったことは観客に「謝罪したい」と、エル・ムンド紙には語っている。

「それでもマジックは素晴らしい芸術で、(危険を冒す)価値がある。マジシャンの使命は、どんなことも可能だという希望のメッセージを伝えることだ」

水の入った容器から脱出するトリックは、マジックショーでは昔からある。水に入る前に、鎖やロープや拘束衣で身体の自由を奪うのも定番だ。計画どおりなら、マジシャンは拘束を解き、水から出て喝采を浴びる。

1926年に死去した伝説の奇術師、ハリー・フーディーニも、脱出マジックを得意としていた。「失敗は溺死を意味する」というのがキャッチフレーズだった。

2018年には、イギリスの素人オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』に脱出アーティストのマット・ジョンソンが登場。ギリギリの「水中脱出スタント」で観客たちを恐怖に陥れた。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 3

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 4

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    3年前に亡くなった7歳の娘と「再会」 韓国、VRを使った…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 9

    性的虐待への巨額賠償が、米ボーイスカウト連盟を破…

  • 10

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月