最新記事

SNS

ロシアの「ミス・ヒトラー」コンテストがSNSで炎上→削除

No to Miss Hitler Pageant

2018年10月9日(火)16時40分
ベンジャミン・フィアナウ

ネオナチからの没収品を展示するドイツの警察署 Fabrizio Bensch-REUTERS

<ロシア人もドイツ人もアメリカ人も出場する、ナチス賛美の白人女性コンテストが炎上>

最近、ミスコンはただでさえ風当たりが強い。しかも、それが「ミス・ヒトラー」コンテストだったら......。

ロシア企業が運営する、ユーザー約5億人でヨーロッパ最大のSNSであるフコンタクテは9月半ば、オンライン開催のコンテスト「ミス・ヒトラー2018」の宣伝ページを削除した。

アドルフ・ヒトラーを「敬愛」する「純血」の白人女性の参加を募るページは9月に公開された。米ニュースサイト、ボカティブがその存在を報じた後、イスラエルのテレビ局がフコンタクテの管理者に連絡した。

モスクワ・タイムズ紙によれば、問題のページはロシア通信・情報技術・マスコミ監督庁によってブラックリストに登録され、再投稿が不可能になった。閲覧しようとすると、「暴力扇動のため、このコミュニティーはブロックされました」とのメッセージが表示される。

「ミス・ヒトラー」コンテストの参加者は「第三帝国を愛し、敬う」理由と共に、自身の画像を投稿。その大半はセルフィー(自撮り写真)で、ナチス式の敬礼をしたり、ナチスのシンボルや旗を身にまとったりしてポーズを取っている。コンテストの目的はヒトラーのイメージを回復させ、彼が残した思想や文化の美しさを示すこと。出場者の国籍はロシアやドイツ、イタリア、アメリカに及ぶという。

フコンタクテは14年にも、同様のミスコン開催の場になっている。今回と同じく出場者は自分の写真とヒトラーへの思いを投稿し、会員が気に入った候補を選ぶ方式で、入賞者にはナチスの紋章などをあしらったペンダントなどが贈られる予定だった。フォロワー数は7500人以上に達していたが、やはりフコンタクテによって閉鎖された。

このところ、ネオナチや人種差別的なサイトやアカウントへの対応を厳しく問われている米ソーシャルメディア大手は今回、ミス・ヒトラー絡みのコンテンツに用心深く対処した。YouTubeは関連動画に「不適切または不快」とのフラグを付け、フェイスブックは同コンテストに関する検索結果を全て表示できないようにした。

ロシア国内にも、こうしたサイトに目を光らせる組織がある。人種・民族差別による犯罪を監視するNGO「ソバ」は、イスラエル側の抗議によってコンテストのページが削除され、同種の投稿の防止目的で調査資料がロシア当局に提出された経緯を発表した。

それでもこの手のコンテストが登場すれば、悪びれずに参加する人がいる。「ミス・ヒトラー」のページ閉鎖前の時点で暫定1位だったのは「ミス・スクルド」と名乗るドイツ人女性。「ミス・エーデルワイス」や「ミス・マルタ」と称する出場者らもいた。悪名は無名に勝る、なのだろうか?

<本誌2018年10月09日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月