最新記事

アジア

スリランカ政局混迷、大統領が首相解任し前大統領を後任に 中国が政権交代画策との声も

2018年10月29日(月)15時30分

10月26日、スリランカのシリセナ大統領(写真)は、ウィクラマシンハ首相を解任し、ラジャパクサ前大統領を後任に据えた。シリセナ大統領は経済面での失策などを解任の理由としたが、ウィクラマシンハ氏は解任を違法とし、自身が引き続き首相だと主張するなど、混乱が深まっている。昨年3月にモスクワで代表撮影(2018年 ロイター)

スリランカのシリセナ大統領は26日、ウィクラマシンハ首相を解任し、ラジャパクサ前大統領を後任に据えた。シリセナ大統領は経済面での失策などを解任の理由としたが、ウィクラマシンハ氏は解任を違法とし、自身が引き続き首相だと主張するなど、混乱が深まっている。

シリセナ大統領は27日、11月16日まで議会を停止した。ウィクラマシンハ氏の支持者はこれについて、議員が同氏への支持を表明できないようにするための措置だと批判した。

2005─15年に大統領を務めたラジャパクサ氏は28日に発表した声明で、司法の独立を守り、法と秩序を確立する暫定政権を立ち上げると表明。議会に政権への支持を求めた。

スリランカはラジャパクサ前大統領の下で中国から多額の融資を受けて大規模インフラプロジェクトを進めた。中国に対する債務が膨らんだ結果、戦略港湾の運営権を中国に譲渡する状況に陥っている。

隣国インドや欧州連合(EU)、米国はシリセナ大統領に憲法を順守するよう促しているが、中国はラジャパクサ氏に首相就任の祝意を伝え、ウィクラマシンハ氏の支持者からは、中国が政権交代を画策したとの声が上がった。中国の当局者は内政干渉を否定した。

ラジャパクサ氏の首相就任後、同氏とつながりのある労働組合はウィクラマシンハ政権の閣僚が事務所に入るのを阻止するため政府の建物を封鎖しており、28日には石油資源開発相だったアルジュナ・ラナトゥンガ氏が事務所に入ろうとした際、同氏のボディーガードが発砲し、1人が死亡、2人が負傷した。

米国務省は28日、関係各方面に暴力を控えるよう促すと同時に、シリセナ大統領に議会を直ちに再開し、「民主的に選ばれた国民の代表が政権指導者を支持する責務を果たせるように」すべきだと訴えた。

これまでのところ、議員の多くはラジャパクサ氏への支持を表明しておらず、ジャヤスリヤ国会議長は28日、シリセナ大統領に宛てた書簡で、「議会の信任を得た他の人物が議会内で浮上するまで」ウィクラマシンハ氏の権利を守るよう求めた。

シリセナ大統領は国民に向けた演説で、政権交代の措置は「完全に合憲であり、法律の専門家の助言に沿ったものだ」と説明した。

ラジャパクサ氏の支持者は議員の支持集めに動いており、ウィクラマシンハ氏支持派の2人がラジャパクサ氏への支持を表明した。ラジャパクサ氏に近い関係筋は、さらに多くの議員が同氏支持に乗り換えるとの見方を示した。

[コロンボ 28日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 8

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 6

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 7

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 8

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 9

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 10

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月