最新記事

アジア

スリランカ政局混迷、大統領が首相解任し前大統領を後任に 中国が政権交代画策との声も

2018年10月29日(月)15時30分

10月26日、スリランカのシリセナ大統領(写真)は、ウィクラマシンハ首相を解任し、ラジャパクサ前大統領を後任に据えた。シリセナ大統領は経済面での失策などを解任の理由としたが、ウィクラマシンハ氏は解任を違法とし、自身が引き続き首相だと主張するなど、混乱が深まっている。昨年3月にモスクワで代表撮影(2018年 ロイター)

スリランカのシリセナ大統領は26日、ウィクラマシンハ首相を解任し、ラジャパクサ前大統領を後任に据えた。シリセナ大統領は経済面での失策などを解任の理由としたが、ウィクラマシンハ氏は解任を違法とし、自身が引き続き首相だと主張するなど、混乱が深まっている。

シリセナ大統領は27日、11月16日まで議会を停止した。ウィクラマシンハ氏の支持者はこれについて、議員が同氏への支持を表明できないようにするための措置だと批判した。

2005─15年に大統領を務めたラジャパクサ氏は28日に発表した声明で、司法の独立を守り、法と秩序を確立する暫定政権を立ち上げると表明。議会に政権への支持を求めた。

スリランカはラジャパクサ前大統領の下で中国から多額の融資を受けて大規模インフラプロジェクトを進めた。中国に対する債務が膨らんだ結果、戦略港湾の運営権を中国に譲渡する状況に陥っている。

隣国インドや欧州連合(EU)、米国はシリセナ大統領に憲法を順守するよう促しているが、中国はラジャパクサ氏に首相就任の祝意を伝え、ウィクラマシンハ氏の支持者からは、中国が政権交代を画策したとの声が上がった。中国の当局者は内政干渉を否定した。

ラジャパクサ氏の首相就任後、同氏とつながりのある労働組合はウィクラマシンハ政権の閣僚が事務所に入るのを阻止するため政府の建物を封鎖しており、28日には石油資源開発相だったアルジュナ・ラナトゥンガ氏が事務所に入ろうとした際、同氏のボディーガードが発砲し、1人が死亡、2人が負傷した。

米国務省は28日、関係各方面に暴力を控えるよう促すと同時に、シリセナ大統領に議会を直ちに再開し、「民主的に選ばれた国民の代表が政権指導者を支持する責務を果たせるように」すべきだと訴えた。

これまでのところ、議員の多くはラジャパクサ氏への支持を表明しておらず、ジャヤスリヤ国会議長は28日、シリセナ大統領に宛てた書簡で、「議会の信任を得た他の人物が議会内で浮上するまで」ウィクラマシンハ氏の権利を守るよう求めた。

シリセナ大統領は国民に向けた演説で、政権交代の措置は「完全に合憲であり、法律の専門家の助言に沿ったものだ」と説明した。

ラジャパクサ氏の支持者は議員の支持集めに動いており、ウィクラマシンハ氏支持派の2人がラジャパクサ氏への支持を表明した。ラジャパクサ氏に近い関係筋は、さらに多くの議員が同氏支持に乗り換えるとの見方を示した。

[コロンボ 28日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月