最新記事

極右

NYで白人至上主義者が乱闘騒ぎ、トランプと共和党と警察も共謀?

'Proud Boys' Will Be Investigated By Hate Crimes Unit

2018年10月16日(火)16時00分
ジェイソン・レモン

Andrew Kelly-REUTERS

<共和党の会員制クラブの外で発生した乱闘騒ぎの発端はトランプ支持を表明している「プラウドボーイズ」>

米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事(民主党)は、10月12日の夜にマンハッタンにある共和党員向けの会員制クラブで起こった暴動について共和党を批判。この暴動にドナルド・トランプ大統領を支持する極右グループ「プラウドボーイズ(自らの民族を誇る男たち)」の複数のメンバーが関与していたとして、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の捜査を行うよう警察に呼びかけた。

クオモは10月14日の記者会見でこの一件についてトランプ大統領の責任も指摘。トランプと共和党が米国内の分断を煽っていると非難した。

WAMCノースイースト・パブリック・ラジオによれば、クオモは「大統領は遊説で『民主党員は暴徒だ。彼らは混乱をもたらす存在であり、過激主義者だ』と言い、ニューヨーク州の共和党は、暴力やヘイトスピーチを行うことで知られているグループをイベントに招いた」と発言。プラウドボーイズは騒動を引き起こす狙いで同クラブに招待されたと示唆した。


「死人が出ていた可能性も」

「西側の熱狂的愛国主義者」を自認するプラウドボーイズは10月12日、マンハッタンのアッパー・イーストサイドにある同クラブで開かれたイベントに出席した。

イベントに先立ち、何者かによって、クラブの建物に共和党員と民主党員を批判する内容の落書きがなされた。FOXニュースをはじめとする右派のメディアは反ファシズムを掲げる活動家たちの仕業だとしているが、当局はまだこれを確認していない。

イベント後、プラウドボーイズのメンバーたちは、クラブの外で人種差別反対のデモ隊が抗議を行うなか、警察に誘導されて会場を後にした。当時の様子を撮影した動画と目撃者の話からは、デモに抗議していた人物が、プラウドボーイズのメンバーの一人が被っていた「アメリカを再び偉大な国に」のロゴ入り帽子を取ろうとしたのがきっかけで乱闘騒ぎが勃発したようだ。

これを受けて、プラウドボーイズのメンバー数十人が仕返しに人種差別反対のデモ参加者たちを攻撃。ソーシャルメディアに投稿された複数のビデオには、少なくとも一人のメンバーが「外国人を殴ってやった」と自慢げに話す様子が映っている。「警察が制止しなければ死人が出ていただろう」と、フォトジャーナリストのサンディ・ベイチョムは本誌に語った。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月