最新記事

健康被害

ハリケーンや台風が残した傷:中長期にわたって健康被害へのリスクに注意が必要

2018年9月21日(金)10時35分
松岡由希子

大規模な洪水においては、中長期にわたって健康被害へのリスクに注意 Andrea Salgado Rivera-REUTERS

<ハリケーン「フローレンス」が残した被害は甚大だったが、あらためて大規模な洪水被害がもたらす、中長期な健康被害へのリスクが喚起されている>

2018年9月1日に大西洋で発生したハリケーン「フローレンス」が14日、米ノースカロライナ州ライツビル・ビーチに上陸。地元紙「シャートロット・オブザーバー」によるとこれまでに36名が犠牲となり、物的損害の規模は170億ドル(約1.9兆円)から220億ドル(約2.5兆円)にのぼると試算されている。また、「フローレンス」に限らず、ハリケーンや台風などに伴う大規模な洪水においては、中長期にわたって健康被害へのリスクにも十分な注意が必要だ。

カビによる呼吸器感染症や汚染水による発疹、レピトスピラ症の感染...

豪クイーンズランド工科大学(QUT)の研究チームが500以上の事例から洪水にまつわる健康被害の影響度とその原因について分析したところ、洪水が人々にもたらす健康影響は、溺死や外傷、低体温症といった直ちに発生する直接的な被害だけでなく、中長期的には、傷感染や伝染病、食料不足による栄養失調、メンタルヘルスの悪化など、間接的な被害も引き起こすことがわかった。つまり、短期間にとどまらず、中長期にわたる危機として、洪水による健康被害を認識するべきということだ。

2017年8月にハリケーン「ハービー」がヒューストン都市圏にもたらした大規模洪水では、カビによる呼吸器感染症や汚染水による発疹、下痢などの健康被害が発生。カリブ海北東のプエルトリコでは、2017年9月にハリケーン「マリア」が上陸した後、これまで沈静化していたレピトスピラ症の感染が急速に広がった。

外傷後ストレス(PTS)や心理的苦痛(GPD)も

また、被災者のメンタルケアについても、もっと目を向ける必要があるだろう。米マサチューセッツ大学ボストン校のジーン・ローズ教授らの研究チームが2005年8月に米国南東部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の被災者を対象に災害に伴うメンタルヘルスへのストレス要因を分析したところ、フィジカル・インテグリティ(身体の健康を完全な状態に保つこと)への脅威が外傷後ストレス(PTS)や心理的苦痛(GPD)と最も強い関連を示したほか、食料や水、医療など、生きるうえで基本的に必要なものの不足やペットの死もこれらと関連が深いことが明らかとなっている。

日本でも、中国・四国地方で甚大な被害を受けた「平成30年7月豪雨」や近畿地方を中心に被害をもたらした台風22号など、大規模な水害が相次いで発生しており、現在も、被災者の多くが日常生活を完全に取り戻すまでに至っていない。中長期的な視点で、被災者の心身の健康をケアし、きめ細かいサポートが必要といえるだろう。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イタリア、新型コロナ非常事態宣言を31日以降も継続

ビジネス

ドイツ経済、2022年初めにはコロナ危機前の水準に

ビジネス

ホンダ、中国CATLに出資 新エネ車用バッテリー共

ワールド

英国、70カ国・地域からの入国者隔離措置を撤廃

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月