最新記事

イスラエル

ユダヤ偏向のイスラエル観光ツアーに異議あり

Rebelling on Israeli Heritage Trips

2018年9月4日(火)15時45分
デービッド・ブレナン

ツアーを離れた若者たちは、バースライトのツアーに反対する活動家の支援を得て、ヨルダン川西岸にあるパレスチナ人のコミュニティーを訪問した。その途中ではイスラエル人の入植者による嫌がらせを受け、罵られたりもした。

それでもグリーンブラットは、離脱組のしたことは「正しい」と考え、この国の厳しい現実から目を背けるのは間違いだと言う。「意見の異なる人を受け入れ、何が問題で、どうすれば解決できるのかを真剣に話し合う。そうすれば、イスラエルはもっと強くなれる」

バースライトの活動はアメリカと密接に結び付いている。これまで何万もの若いユダヤ系アメリカ人がツアーに参加しているが、必要な資金の多くを提供しているのはアメリカ在住のユダヤ人だ。最大の寄付者は、カジノ王で熱烈な共和党支持者のシェルドン・エーデルソン。設立以来、2億5000万ドル以上を提供している。

ワッサーマンとネーゲルがツアーを離脱したきっかけの1つは、エルサレムにある考古学公園デービッドソン・センターへの訪問だった。「嘆きの壁」のすぐ近くにあるが、運営するのは入植者団体のエラド。遺跡の発掘を口実にパレスチナ人を追い出している極右団体だ。あまりの政治的偏向に、あきれ果てた参加者の一部は考古学公園の訪問を拒んだ。

ネーゲルによれば、エーデルソンがドナルド・トランプ米大統領の支持者だという事実も多くの参加者を困惑させていた。「アメリカ右翼的でクレイジーな陰謀論を信じているこの男が、ツアーの費用を負担している。この事実を、私たちはどう受け止めればいいの?」

ごまかしは許されない

バースライトの無料ツアーに反対する活動を続けているアリッサ・ルービンによれば、多くの若いユダヤ人がバースライトに疑問を持ち始め、その「ごまかし」に異議を唱えている。「いまイスラエルを訪問して占領地の問題を議論しないのは、1954年にアメリカ南部を訪れて人種差別問題について議論をしないのと同じだと思う」と、ルービンは言い切った。

バースライトの規模は大きく影響力も強い。だからこそ、イスラエルの置かれた政治的状況を中立的な立場から見せる責任がある――ルービンはそう考える。「嫌なら別のツアーで行けばいいと言う人もいるだろう。でも現実問題として、無料のツアーを提供している団体はごくわずかだ」

本誌の取材に対し、バースライトの広報担当は政治的な意図を否定。この旅は「ユダヤ民族の遺産や価値観、伝統、そしてイスラエルの今を紹介する」ためのものだと強調し、こう付け加えた。「バースライトは政治の話をしない。だから参加者が政治的な議論を持ち出し、他の参加者の体験を邪魔するような行為は容認しない」

そんなツアーに参加した若者たちは気付きを得る。そうか、これが大人の偽善なのかと。

<本誌2018年9月4日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 9

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 10

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月