最新記事

スポーツ

ナイキ、NFLキャパニック選手の広告起用後に商品売り切れ急増

2018年9月21日(金)08時02分

9月19日、米ナイキが、米プロフットボールNFLの国歌斉唱で片膝をつき人種差別への抗議の意を示したコリン・キャパニック選手を広告塔に起用した後、売上高が61%増加していたことがトムソン・ロイターの調査で分かった。写真はビルの屋上に掲げられた同社広告。米サンフランシスコで今月5日撮影(2018年 ロイター/Alexandria Sage)

米ナイキが、米プロフットボールNFLの国歌斉唱で片膝をつき人種差別への抗議の意を示したコリン・キャパニック選手を広告塔に起用した後、ネット通販で売り切れとなった商品が61%増加していたことがトムソン・ロイターの調査で分かった。

キャパニック氏の起用後、ツイッターなどではナイキ商品に対する不買運動の投稿が広がった。トランプ米大統領も明確な証拠を示さずに「ナイキは怒りや不買運動によって息の根を止められるだろう」とツイッターに投稿した。

ロイターがスタイルセージ社とまとめた調査によると、9月3ー13日に完売した商品は、広告展開前の10日間に比べて大幅に増加した。広告展開前に比べて割引価格で販売する商品も減り、キャパニック氏の名前が入った女性用ジャージは17日に売り切れとなった。

トムソン・ロイターの消費調査担当ディレクター、ジャロン・マーティス氏は「この強い数字は、ナイキが揺るぎない企業だという見方を裏付けるものだ。これは社会的な意味合いだけを言っているのではない。同社は、他のブランドで命取りとなりがちな値引き合戦に加わる必要もない」と説明した。

ナイキの株価は当初急落したが、約1週間後には値を戻し過去最高値をつけた。現在は急落時から約7%上がり、上昇率はダウ工業株30種平均の1.9%を上回っている。

トムソン・ロイターのアイコン・ソーシャル・メディア・モニターによると、ナイキに対するインターネット上の意見も好意的なものに変化しつつある。

カナコード・ジヌイティ社のアナリスト、カミロ・ライオン氏は先週、顧客向けノートに「キャパニック氏を起用したナイキのキャンペーンは素晴らしい発想だ。熟慮されており、ナイキの強さと市場での地位に対する自信が言外に、しかししっかりと表れている」と記した。

[19日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月