最新記事

中東

サウジアラビア、国営石油会社の上場中止 サルマン国王が反対

2018年8月28日(火)09時03分

8月27日、関係筋によると、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)が中止された背景にはサルマン国王の反対があったもようだ。写真は国王が描かれたポスター。リヤド郊外で2月撮影(2018年 ロイター/Faisal Al Nasser)

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)が中止された背景にはサルマン国王の反対があったもようだ。同国の政府関係者に近い複数の関係筋がロイターに明らかにした。

関係者の1人によると、6月半ばまでのラマダン(断食月)の期間中、国王はアラムコIPOを巡り、王族、銀行関係者、アラムコの元トップなどの石油業界幹部らと会談。その後に、IPO中止を決めた。

会談の参加者は国王に対し、アラムコ上場はサウジアラビアを助けるどころか、打撃を与えると説明。参加者の主な懸念は、上場によってアラムコの詳細な財務情報がすべて公開されることだったという。

複数の関係筋によると、国王は6月下旬、行政機関に書簡を送り、IPOの中止を指示した。関係者の1人は、「国王が『ノー』と言えば、絶対に決定が覆ることはない」とし、国王の決定が最終的なものだったと語った。

ロイターは先週、関係筋の話として、アラムコが国内、海外ともにIPOの中止を決めたと報道。一方、サウジ政府のファリハ・エネルギー相は政府はIPOの実施に引き続きコミットしていると述べ、中止報道を否定した。別の政府高官も、政府は適切な時期でのIPO実施に向けて準備を進めていると語った。

ニュース速報

ワールド

アングル:北朝鮮非核化交渉が行き詰まっている理由

ワールド

新NAFTA批准に向け大詰め調整 3カ国が10日に

ビジネス

中国国有企業がまたデフォルト、財務状態に懸念広がる

ビジネス

非サウジ投資家、アラムコ株機関投資家トランシェの2

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

  • 2

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

  • 3

    米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反発する理由

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    トランプのウクライナ疑惑より切実な「ウクライナ問…

  • 6

    「働き方」を変えている場合か! 日本がこのまま「…

  • 7

    筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人…

  • 8

    対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

  • 9

    「セクシーじゃないね」化石賞に輝いた日本の石炭依…

  • 10

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月