最新記事

ヘルス

ショウガの辛み成分には口臭を消す力があった

What Is 6-gingerol? It Might One Day Cure Bad Breath

2018年8月2日(木)18時16分
アリストス・ゲオルグ

口のニオイの元を分解してくれる身近な野菜が見つかった! Big_Ryan/iStcok.

<厄介な口臭を数秒で退治する特効薬はすぐそこ>

口臭が気になるなら、ショウガの辛み成分が悩みを解決してくれそうだ。

ギンゲロールというその辛み成分は、唾液の中の酵素を活性化してニオイの元を分解、息をさわやかにしてくれる、というのだ。米農業・食品化学ジャーナルに論文が掲載された。

独ミュンヘン工科大学ライプニッツ食品システム生物学研究所の研究チームは、唾液の成分に食品の成分がどんな影響を及ぼすかを調べた。

食品に含まれる多くの成分は、そのまま食品や飲み物の味を構成している。ギンゲロールもその一つ。

臭い消し酵素が16倍に

実験では、人間の唾液にギンゲロールを加えてみた。すると「スルフヒドリル酸化酵素」という酵素がわずか数秒で16倍に増えた。これは、硫黄を含んだ嫌な臭いの元を分解してくれる酵素なのだ。コーヒーのように長時間口の中に残る後味を減らし、息をきれいにしてくれる効果もある。

この発見は、新しいブレスケア製品開発につながりそうだと研究チームは言う。

ミュンヘン工科大学の食品化学分子感覚科学部長で論文主筆のトマス・ホフマンは、食品の成分が唾液や味覚に及ぼす複雑な相互作用や、その生化学的プロセスについては、まだまだ研究の余地があると述べている。

ギンゲロールはショウガの主要成分のなかでも薬理学的に活発な成分の一つ。抗ガン作用、抗炎症作用、抗酸化作用など、健康にさまざまな効果があることで知られている。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

サウジが不明記者の死亡認める 高官2人解任 米大統

ワールド

焦点:貿易戦争が招いたブラジル農業ブーム、米アイオ

ビジネス

焦点:米中間選挙、株式オプション市場では「ささいな

ビジネス

S&P下落、金利上昇や貿易への懸念で

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 7

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 4

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月