最新記事

SNS

不祥事でも株価暴落でも......競合SNSのないフェイスブックはしぶとい

FB'S STEEP VALUE LOSS

2018年8月2日(木)16時00分
エイプリル・グレーザー

ザッカ―バーグ率いるフェイスブックはデータ保護の強化を打ち出した(5月の開発者会議で) Stephen Lam-REUTERS

<個人情報の不適切な取り扱いで信用失墜――ビジネスモデルの修正を余儀なくされているが>

フェイスブックにとっては、泣きっ面に蜂といったところだ。7月25日、株式市場の取引終了後に行われた今年第2四半期の決算発表は、売上高とユーザー数の伸びが市場予想に届かず。売上高の伸びの鈍化は今年下半期も続くと、同社幹部はアナリストに語った。

これを受けて、同社の株価は時間外取引で一時24%の下落を記録し、時価総額は1000億ドル以上消失した。翌26日のニューヨーク証券市場ではやや値を戻したが、結局終値は前日比19%の大幅下落。上場企業としては1日で史上最大の時価総額の減少となった。

株価急落の原因が、過去2年間の重大な失策の連続にあることは間違いない。フェイスブックユーザーを狙ったロシアの大掛かりな「偽情報工作」は、今も続いている可能性がある。

陰謀論に基づくフェイクニュースの追放にも、同社は苦労している。与党・共和党の議員には「反保守バイアス」を非難され、国連はフェイスブックがミャンマー(ビルマ)の少数民族に対する暴力扇動の道具に使われていると指摘した。

最大の問題は、英選挙コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ(廃業)をめぐるスキャンダルの後始末だ。

今年3月、フェイスブックが最大8700万人分のユーザーのデータを適切に扱っていなかったことが明らかになると(データはその後ケンブリッジ・アナリティカが不正に入手)、世論と政治家は激怒。マーク・ザッカーバーグCEOは議会の公聴会で謝罪した。

同社は現在、複数の連邦機関の調査を受けている。連邦取引委員会(FTC)は、データを第三者と共有する場合は事前にユーザー本人の同意を得るという11年の和解内容に違反したかどうかを調査中。司法省と証券取引委員会(SEC)は、ユーザーデータの取り扱いに関する情報を適切かつ正確に公開していたかについて調べている。

おそらくフェイスブックにとって最も悩ましいのは、同社のビジネスモデルの中核となっている取引――便利で魅力的なサービスと引き換えに個人情報を渡すという取引について、人々が議論を始めたことだろう。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 8

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 8

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月