最新記事

性暴力

インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

2018年8月8日(水)12時48分
大塚智彦(PanAsiaNews)

人びとの心を乗っ取り、女性を意のままにした老呪術師。 (c) ANTV News Plus / YouTube

<村人の「心の支え」だった呪術師は、用意周到に少女と周りの人びとをマインドコントロールしていた>

インドネシアのスラウェシ島中央スラウェシ州トリトリ地方にあるガルンパン村近くの山の中で8月5日に1人の女性が地元警察によって発見、保護された。28歳というこの女性は、2003年に行方不明となった同村出身の女性で、失踪当時は13歳だったことがわかった。警察はプライバシー保護の観点からこの女性の名前をイニシャルで「HS」としか公表していない。

警察は未成年保護法違反と児童虐待の容疑で同村に住む男性、ジャゴ容疑者(83)の身柄を拘束して事情聴取を続けている。

13歳の時にジャゴ容疑者に騙され連れ去られて以来、HSさんは15年もの長期間、山中の岩の間にある小さな洞窟のような窪みに捕らわれの身となり、夜は容疑者所有の小屋に寝泊まりしていた。HSさんはインドネシアの地方に未だに残る民間信仰や精霊信仰、呪術や魔法などの影響で、脱出したり助けを求めたりすることができなかったという。

「霊魂(インドネシア語でジン)が穴や小屋の周りを守っているので外に1人で出ることはできない」とジャゴ容疑者に厳しく言われ、それを信じ込んでいたのが理由という。

インドネシア地元紙などの報道によると、ジャゴ容疑者は村では呪術師として知られ、病気治癒や心願成就など村人の「心の支え」的存在だったという。祈祷師的な振る舞いの他に村人が抱える恋愛、結婚、仕事などの悩みごとの相談に応じ、解決策を示すなど大きな信頼を得ていたことも、HSさんの脱出や事件の発覚を遅らせたものとみられている。

発覚のきっかけは身内のケンカ

実はジャゴ容疑者の息子は行方不明になったHSさんの姉と結婚しており、姉は薄々義父であるジャゴ容疑者が妹のHSさんを誘拐拉致し、どこかに監禁していることに気づき始めたものの沈黙を守っていた。ところが何かのきっかけで夫と激しい口論になり、その際姉が「妹のことをしかるべきところに報告する」と夫を大声で責めたてた。

このやり取りを聞いていた隣人が、警察に届け出たのが事件発覚の端緒になったという。

トリトリ警察のイクバル・アルクドゥスティ署長は地元紙に対し、「ジャゴ容疑者を拘束して厳しく追及、聞きだした供述に基づいて山中を捜索したところ、1×1.5メートルの岩の割れ目から入った空間でHSさんを発見、救出した」と述べた。

ジャゴ容疑者はHSさんに対して、地元の精霊信仰に基づき、かつて彼女が好意を寄せていた男性の名前を語り、「彼の霊魂(ジン)が自分(ジャゴ容疑者)に乗り移っている」とそそのかして、日常的にHSさんと性交していたという。

イクバル署長は「HSさんの供述によると何度か生理が来ないことがあったが、その度にジャゴ容疑者から薬を飲まされて中絶させられていたようだ」と話している。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    韓国人の日本に対する好感度は上昇、いっぽう日本人…

  • 10

    子供13人を監禁虐待した親の家は、排泄物が壁にこび…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 10

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月