最新記事

性暴力

インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

2018年8月8日(水)12時48分
大塚智彦(PanAsiaNews)

人びとの心を乗っ取り、女性を意のままにした老呪術師。 (c) ANTV News Plus / YouTube

<村人の「心の支え」だった呪術師は、用意周到に少女と周りの人びとをマインドコントロールしていた>

インドネシアのスラウェシ島中央スラウェシ州トリトリ地方にあるガルンパン村近くの山の中で8月5日に1人の女性が地元警察によって発見、保護された。28歳というこの女性は、2003年に行方不明となった同村出身の女性で、失踪当時は13歳だったことがわかった。警察はプライバシー保護の観点からこの女性の名前をイニシャルで「HS」としか公表していない。

警察は未成年保護法違反と児童虐待の容疑で同村に住む男性、ジャゴ容疑者(83)の身柄を拘束して事情聴取を続けている。

13歳の時にジャゴ容疑者に騙され連れ去られて以来、HSさんは15年もの長期間、山中の岩の間にある小さな洞窟のような窪みに捕らわれの身となり、夜は容疑者所有の小屋に寝泊まりしていた。HSさんはインドネシアの地方に未だに残る民間信仰や精霊信仰、呪術や魔法などの影響で、脱出したり助けを求めたりすることができなかったという。

「霊魂(インドネシア語でジン)が穴や小屋の周りを守っているので外に1人で出ることはできない」とジャゴ容疑者に厳しく言われ、それを信じ込んでいたのが理由という。

インドネシア地元紙などの報道によると、ジャゴ容疑者は村では呪術師として知られ、病気治癒や心願成就など村人の「心の支え」的存在だったという。祈祷師的な振る舞いの他に村人が抱える恋愛、結婚、仕事などの悩みごとの相談に応じ、解決策を示すなど大きな信頼を得ていたことも、HSさんの脱出や事件の発覚を遅らせたものとみられている。

発覚のきっかけは身内のケンカ

実はジャゴ容疑者の息子は行方不明になったHSさんの姉と結婚しており、姉は薄々義父であるジャゴ容疑者が妹のHSさんを誘拐拉致し、どこかに監禁していることに気づき始めたものの沈黙を守っていた。ところが何かのきっかけで夫と激しい口論になり、その際姉が「妹のことをしかるべきところに報告する」と夫を大声で責めたてた。

このやり取りを聞いていた隣人が、警察に届け出たのが事件発覚の端緒になったという。

トリトリ警察のイクバル・アルクドゥスティ署長は地元紙に対し、「ジャゴ容疑者を拘束して厳しく追及、聞きだした供述に基づいて山中を捜索したところ、1×1.5メートルの岩の割れ目から入った空間でHSさんを発見、救出した」と述べた。

ジャゴ容疑者はHSさんに対して、地元の精霊信仰に基づき、かつて彼女が好意を寄せていた男性の名前を語り、「彼の霊魂(ジン)が自分(ジャゴ容疑者)に乗り移っている」とそそのかして、日常的にHSさんと性交していたという。

イクバル署長は「HSさんの供述によると何度か生理が来ないことがあったが、その度にジャゴ容疑者から薬を飲まされて中絶させられていたようだ」と話している。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月