最新記事

性暴力

インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

2018年8月8日(水)12時48分
大塚智彦(PanAsiaNews)

人びとの心を乗っ取り、女性を意のままにした老呪術師。 (c) ANTV News Plus / YouTube

<村人の「心の支え」だった呪術師は、用意周到に少女と周りの人びとをマインドコントロールしていた>

インドネシアのスラウェシ島中央スラウェシ州トリトリ地方にあるガルンパン村近くの山の中で8月5日に1人の女性が地元警察によって発見、保護された。28歳というこの女性は、2003年に行方不明となった同村出身の女性で、失踪当時は13歳だったことがわかった。警察はプライバシー保護の観点からこの女性の名前をイニシャルで「HS」としか公表していない。

警察は未成年保護法違反と児童虐待の容疑で同村に住む男性、ジャゴ容疑者(83)の身柄を拘束して事情聴取を続けている。

13歳の時にジャゴ容疑者に騙され連れ去られて以来、HSさんは15年もの長期間、山中の岩の間にある小さな洞窟のような窪みに捕らわれの身となり、夜は容疑者所有の小屋に寝泊まりしていた。HSさんはインドネシアの地方に未だに残る民間信仰や精霊信仰、呪術や魔法などの影響で、脱出したり助けを求めたりすることができなかったという。

「霊魂(インドネシア語でジン)が穴や小屋の周りを守っているので外に1人で出ることはできない」とジャゴ容疑者に厳しく言われ、それを信じ込んでいたのが理由という。

インドネシア地元紙などの報道によると、ジャゴ容疑者は村では呪術師として知られ、病気治癒や心願成就など村人の「心の支え」的存在だったという。祈祷師的な振る舞いの他に村人が抱える恋愛、結婚、仕事などの悩みごとの相談に応じ、解決策を示すなど大きな信頼を得ていたことも、HSさんの脱出や事件の発覚を遅らせたものとみられている。

発覚のきっかけは身内のケンカ

実はジャゴ容疑者の息子は行方不明になったHSさんの姉と結婚しており、姉は薄々義父であるジャゴ容疑者が妹のHSさんを誘拐拉致し、どこかに監禁していることに気づき始めたものの沈黙を守っていた。ところが何かのきっかけで夫と激しい口論になり、その際姉が「妹のことをしかるべきところに報告する」と夫を大声で責めたてた。

このやり取りを聞いていた隣人が、警察に届け出たのが事件発覚の端緒になったという。

トリトリ警察のイクバル・アルクドゥスティ署長は地元紙に対し、「ジャゴ容疑者を拘束して厳しく追及、聞きだした供述に基づいて山中を捜索したところ、1×1.5メートルの岩の割れ目から入った空間でHSさんを発見、救出した」と述べた。

ジャゴ容疑者はHSさんに対して、地元の精霊信仰に基づき、かつて彼女が好意を寄せていた男性の名前を語り、「彼の霊魂(ジン)が自分(ジャゴ容疑者)に乗り移っている」とそそのかして、日常的にHSさんと性交していたという。

イクバル署長は「HSさんの供述によると何度か生理が来ないことがあったが、その度にジャゴ容疑者から薬を飲まされて中絶させられていたようだ」と話している。

ニュース速報

ビジネス

ウォルマート、四半期既存店売上高が予想超え 好調な

ビジネス

ECBは金融政策の「ツールキット」を拡大すべき=副

ビジネス

英小売売上高指数が予想外の減少、10月は前月比-0

ビジネス

香港キャセイ、エアバス機の受領先送り デモで需要減

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 2

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 5

    韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

  • 6

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 7

    債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港警察が大学に突入、林鄭月娥の賭けと誤算

  • 10

    スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

  • 1

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 5

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

  • 6

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 7

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 8

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 9

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月