最新記事

アメリカ事件

飢餓状態の子供11人が保護された謎の施設、学校を襲う銃乱射を訓練か

Dead Boy’s Body Discovered on Site Where 11 Starving Children Held Captive

2018年8月9日(木)14時06分
ブレンダン・コール

電気も水道もない砂漠のバラックで、子供たちはどんな生活をしていたのか Taos County Sheriff's Office/REUTERS

<児童虐待容疑で逮捕された容疑者は、アフリカのイマーム(導師)を名乗り、成人女性3人をマインドコントロールで支配していた。遺体で見つかった少年は息子とも>

ニューメキシコ州の警察が飢餓状態の子供11人を救出した砂漠の中の施設で、新たに少年1人の死体が発見され、ますます謎が深まる不可解な事件に衝撃が広がっている。

警察は父親と共に行方不明になったジョージア州の少年の捜索のために、先週この施設を手入れし、劣悪な環境に置かれた1歳から15歳までの子供たち11人を保護したが、その中には行方不明の少年はいなかった。その後8月6日に施設内で死体が見つかった。

ニューメキシコ州タオス郡のジェリー・ホグリフ保安官によると、検死解剖は行われたが、この死体が行方不明のジョージア州の少年アブドゥル・ガニ・アハジなのかは確認できていないという。

「死体が発見された日は、奇しくもアブドゥルの4歳の誕生日だった」と、保安官は記者会見で沈痛な表情を見せた。

アブドゥル・ガニの父親シラジ・ワハジは11人の救出時に施設にいて、息子を連れ去った容疑と児童虐待の容疑で逮捕された。施設は地面に半ば埋まったトレーラーハウスの周りに築かれたバラックで、電気も水道も通っておらず、ホグリフ保安官によると、子供たちは「第三世界の難民のような不衛生な状態に置かれていた」という。

dokusen180809-1.jpg(アブドゥル・ガニの父親シラジ・ワハジ)

「悪魔払いの儀式」を行う?

施設にはワハジの2人の姉妹を含む3人の女と、ワハジの共犯者と見られる男1人もいて、彼らも虐待容疑で逮捕された。警察によれば、女3人はワハジに完全にマインドコントロールされている様子だったという。

ワハジは、ブルックリンのモスクを拠点とする著名なアフリカ系イマーム(導師)シラジ・ワハジの息子で、父親の名前をそのまま受け継いだ。

ワハジの妻ハキマ・ラムジによると、夫妻の息子アブドゥル・ガニは病弱で、ひんぱんに発作を起こし、夫妻はそのことで悩んでいた。

裁判所に提出された書類では、ワハジは息子に「悪魔払いの儀式」を行うと妻に話して、息子を連れ出したとされている。

しかしラムジによるとこれは間違いで、夫が行おうとしたのはイスラム教の厄払い「ルキア」だという。

「悪魔払いではない。裁判所の通訳が間違えたのだ。夫はただ息子の回復を祈ろうとしただけだ」と、ラムジはCNNに語った。

ラムジによると、夫は息子と公園に行くと言って家を出たまま帰らなかったという。

この施設でワハジらは、学校で銃乱射テロを起こさせるために子供たちを訓練していた疑いも持たれている。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

現代自グループ、自動運転車開発に350億ドル投資へ

ビジネス

貿易などのリスクなお高水準、「会合ごとに」金利決定

ビジネス

独ZEW景気期待指数、10月はマイナス22.8 予

ビジネス

中国新規融資、9月は1.69兆元に増加 予想上回る

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 5

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 9

    千曲川周辺の救助活動続く 台風19号で広範囲に浸水…

  • 10

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月