最新記事

テスラ

米中貿易摩擦が激化するなか、テスラが初の海外工場を上海に建設すると発表

2018年7月11日(水)18時22分
ジェイソン・レモン

SUVモデルXを紹介するテスラ創業者イーロン・マスク。目下の課題は生産能力の拡大だ Stephen Lam -REUTERS

<米中の関税引き上げ合戦を受けて、どこよりも早く中国での販売価格を引き上げたテスラ。このたび建設を発表した上海工場の稼働はまだ先。強気の価格戦略はペイするか>

米中間の貿易戦争が激化するなか、電気自動車大手テスラは7月10日、中国の上海に製造工場を建設することを発表した。完成した暁には、テスラにとって初のアメリカ国外の生産拠点となる。

「昨年発表したように、当社は中国市場向け製品の工場を設立するために、上海市当局と協議を重ねてきた。そして今日、電気自動車の生産拠点である『ギガファクトリー3』の建設開始に向けて協定を締結した」と、テスラの広報担当者は本誌に語った。

テスラの創業者イーロン・マスク(47歳)は、アジア有数の商業都市に第2の製造工場を立ち上げることで、生産能力の大幅拡大を見込んでいる。完成後は、中国市場向けに年50万台の生産をめざす。

現在のところ、テスラの唯一の生産拠点はカリフォルニア州にあり、年間50万台の生産を目標として掲げている。だが、2018年の年間生産台数は20万台未満に終わりそうだ。

上海の新工場建設の発表直前、テスラは米中貿易摩擦による関税の上昇に伴って、中国での自動車の販売価格を大幅に引き上げた。

トランプ政権は7月6日、知的財産権の侵害を理由に、中国からの輸入品に対する関税を引き上げた。その報復措置として、中国もただちにアメリカ製自動車の輸入関税を40%に引き上げた。

 中国の外資規制緩和も追い風に

米中貿易摩擦の影響を受けて中国国内でいち早く値上げに踏み切ったのが、テスラだった。「モデルX」と「モデルS」の販売価格は約20%上がった。

アメリカ国内なら7万4500ドルで買えるテスラの最も安い車種が、中国ではなんと12万8779ドル。約70%も高くなった。

新工場での現地生産が始まれば、中国の消費者にも手頃な価格で販売できるようになるという声もある。だが上海工場での生産が軌道に乗るのは、かなり先の話だ。

「近い将来、当局の認可や許可をすべて取得した後に着工を開始する。そこから、車の生産を開始するまでにおよそ2年、生産能力を完全に発揮できるまでには、さらに2〜3年かかるだろう」と、テスラの広報担当は今後の見通しを明らかにした。

ブルームバーグによれば、中国での生産開始までに数年かかるものの、工場建設の発表直後、テスラの株価は3%近く急上昇した。

今年4月、中国政府が外国企業の所有権に対する規制を緩和した。これまで外国企業が中国で起業するには、中国企業との合弁会社を設立するしか方法はなく、出資比率は50%までに制限されていた。だが今回の規制緩和のおかげで、テスラは上海の新たな製造拠点を100%所有することができる。

テスラはまた、年末までに欧州でも新工場を建設する計画を明らかにすると発表した。中国と同様に、ヨーロッパはトランプの貿易政策の標的になっている。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 3

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 6

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 7

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 8

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 9

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月