最新記事

貿易

中国、米国保護主義対抗で欧州各国大使に「共同戦線」呼び掛け

2018年4月18日(水)10時00分

4月17日、中国商務部の傳自応副部長が先週、欧州主要国の大使と会談し、中国と協力して米国の保護主義に対抗することを要請した。写真は15日、青島の港に荷揚げされる貨物(2018年 ロイター)

中国商務部(商務省)の傳自応副部長が先週、欧州主要国の大使と会談し、中国と協力して米国の保護主義に対抗することを要請した。事情に詳しい4人の関係者が明らかにした。

会談に関わった何人かの西側外交筋は、傳氏による大使呼び出しについて、米国との摩擦拡大を受けた中国側の外交的な働き掛けが活発化している表れだと指摘した。

米政府は中国の知的財政権侵害行為などへの制裁として1500億ドル相当の中国製品に関税を課す方針を表明。これに対して中国は、自らを多国間の自由貿易体制の守り手と位置付け、国際社会にアピールしている。

会談が行われたのは12日と13日で、フランス、ドイツ、英国、スペイン、イタリアと欧州連合(EU)の大使が出席した。中国がトランプ政権の強硬な通商政策への「共同戦線」構築を目指しているとみられる。

ある外交筋は会談について「メッセージは、われわれは米国の保護主義に共同で反対して、自由貿易を提唱しなければならないということだった。中国は自信を誇示しているが、内心ではかなり懸念を抱いているように見受けられる。彼らはトランプ大統領の通商問題に関する決意を見くびっていたようだ」と語り、中国には主な貿易相手が米国と連携する事態にならないか不安に思っていると付け加えた。

一方、EUのある外交担当高官は、EUはどちらかの肩を持つつもりはなく、目標とするのは多国間システムを元通り機能させることだと強調し、世界貿易機関(WTO)を通じた通商紛争解決の取り組みに言及した。

イタリアと英国両大使館およびEU代表部の報道官は、いずれも大使が傳氏と会ったことを認めた。ドイツ大使館の報道官はコメントを拒否し、他国の大使館は取材に返答しなかった。

中国商務部もコメント要請には応じていない。

[北京/ブリュッセル 17日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

首脳会談実現へ北朝鮮と「有益な協議」行っている=ト

ワールド

ロシア大統領、2024年の任期切れに伴い退任する意

ビジネス

アングル:中国が約束した米国製品輸入増、ボトルネッ

ワールド

焦点:まひ状態のWTO裁定機能、トランプ氏が「首固

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中止した理由

  • 4

    米朝会談キャンセルで、得をしたのは中国を味方に付…

  • 5

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 10

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 8

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 9

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 10

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 6

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 7

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月