最新記事

アメリカ政治

トランプ政権、今度は国土安保補佐官が辞任 ボルトン氏の要請で

2018年4月11日(水)08時54分

 4月10日、米ホワイトハウスはボサート大統領補佐官(写真)が辞任したことを明らかにした。9日就任したボルトン国家安全保障問題担当補佐官の要請によるものという。2017年12月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

米ホワイトハウスは10日、ボサート大統領補佐官(国土安全保障・テロ対策担当)が辞任したことを明らかにした。当局者によると、9日就任したボルトン国家安全保障問題担当補佐官の要請によるものという。

トランプ政権は閣僚やスタッフの辞任や離職が後を絶たない。8日には国家安全保障会議(NSC)のアントン報道官の辞任が発表されたばかり。

ボサート氏は、昨年に大型ハリケーン「マリア」が直撃したプエルトリコでの災害対応やサイバー攻撃対策で中心的役割を担ってきた。

ボルトン氏に近い関係筋は、特定の分野で同氏が自身のチームを作るのに伴い、さらなる辞任があるかもしれないと語った。

上院外交委員会の委員である民主党のクリス・クーンズ議員は米CNNテレビに対し、ボルトン氏は「複数の大統領補佐官を排除あるいは早期退職させるために早速動いているようだ」と述べた。

関係者によると、ボサート氏は9日夜のある会合で米情報機関当局者や記者らと談笑していた際、辞任するそぶりを全く見せなかった。ただ、「トランプ氏に仕える誰もがそうであるように」、自身の将来については分からないと冗談交じりに語ったという。

サンダース大統領報道官は、トランプ大統領はボサート氏の「治安や安全保障への貢献に感謝している」とする声明を出した。ボサート氏は「国土をテロの脅威から守り、サイバー防衛を強化、一連の大規模自然災害に対応するための政権の取り組みを主導してきた」と評した。



[ワシントン 10日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱなし」で販売禁止に

  • 2

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 3

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの手口

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    トランプ元側近で「極右」のスティーブ・バノンに会…

  • 6

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 7

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 10

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月