最新記事

人体

いまだにナゾだった関節がポキっと鳴るメカニズム、ついに解明に近づく

2018年4月4日(水)18時30分
松岡由希子

1世紀以上にわたって続く議論も解明に近づく Credit University of Alberta

<関節で鳴るポキッという音のメカニズムはいまだ完全に解明されていない。スタンフォード大学の研究者がその数理モデルを世界で初めて開発した>

手の指や手首、顎、首、肩、膝などの関節で鳴る"ポキッ"というクラッキング音は、骨格や関節の歪みやズレの矯正などの施術の際にしばしば発生するほか、意図的に指をそらしたり、ねじったりすることで、この音を鳴らすことを習慣にしている人も少なくない。

では、なぜ、このような音が鳴るのだろうか。1900年代初頭から科学者の間でたびたび議論の的となりながら、その物理的なメカニズムはいまだ完全に解明されていない。

1900年代初頭から科学者の間で議論に

現在、米スタンフォード大学に所属するヴィニート・チャンドラン・スジャ氏らの研究チームは、フランス理工科学校の修士課程に在籍中、手の指の付け根にある中手骨節関節(MCP関節)でクラッキング音が生成されるメカニズムについての数理モデルを世界で初めて開発し、その研究論文を科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」で発表した。

クラッキング音が鳴るメカニズムに関し、これまでの理論の中で最も支持されてきたのが「キャビテーション理論」である。関節に一定のストレスがかかると、関節腔を満たす滑液の圧力が変化して気泡が弾ける、いわゆる"キャビテーション"(空洞現象)が起こり、クラッキング音が鳴るというものだ。

1947年に実施されたイギリスの聖トーマス病院の研究プロジェクトでは、指関節に加える牽引力が7キログラムを超えると、クラッキング音が鳴り、その瞬間、関節内に空洞が発生したことがレントゲン写真で確認された。

また、1971年には、英リーズ大学の研究チームが「気泡が弾ける"キャビテーション"によってクラッキング音が鳴り、一度鳴らすと、再び鳴らすことのできる状態になるまでに20分程度かかる」との見解を発表し、以後、これが有力な理論とされてきた。

しかし、2015年、カナダのアルバータ大学の研究プロジェクトは、被験者の中手骨節関節をMRIで撮影し、クラッキング音が鳴るまでのプロセスを観察したところ、クラッキング音が鳴った後も気泡が滑液に残っていたことから、「クラッキング音は、気泡が弾けるときではなく、気泡が形成されるときに発生する」と主張し、従来の「キャビテーション理論」と矛盾する新たな理論として、近年、議論を呼んでいる。


,

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月