最新記事

ダイエット

プロテインはいつ飲むのが正解?

How To Consume Protein Supplements for Best Results

2018年4月26日(木)18時45分
デーナ・ドビー

運動中にプロテインを飲む人もよく見かけるが EXTREME-PHOTOGRAPHER/iStock.

<プロテイン・ダイエット用のシェイカーボトル、痩せるためにいちばん効果的な出番はいつなのか>

ダイエットをする人にとって、プロテインは人気のサプリだ。だが、プロテインはいったいいつ摂るのがいいのかをご存じだろうか。最新の研究で、ダイエットに効果的なプロテインの摂り方が明らかになった。プロテイン・サプリは食間ではなく、食事と一緒に摂るほうが痩せるのだ。

米誌「栄養学レビュー」がオンラインで発表した研究で、プロテイン・サプリを食事と一緒に食べたグループと、食間に食べたグループを比べたところ、食事と一緒に食べたグループのほうがより多く脂肪を減らすことに成功し、食間に食べたグループは逆に体重が増加した。

食事と一緒にプロテインサプリを摂ったグループのうち体重が増えたのは56%で、食間に摂ったグループの72%より少なかった。

前者の94%は筋肉量が増え、後者では90%だった。脂肪が減ったのは食事と一緒の87%で、食間では59%。さらに脂肪に対する筋肉の比率は、前のグループでは100%が増加したのに対し、後者では84%にとどまった。

プロテインの意外な効果

この研究の資金の一部は、豚肉や卵、乳製品の業界団体が出しているので、食事からもっとタンパク質を摂ろうという意図が働いているのかもしれないが、食事と共にプロテイン・サプリを摂取するとダイエットを助ける効果があるのは確かなようだ。

プロテインを摂ると間食をする回数が減り、基礎代謝が上がり、食欲が抑えられる。いずれもダイエット成功の重要なカギだ。

減量したい人だけでなく、筋肉を増やしたい人にも有効だ。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

首脳会談実現へ北朝鮮と「有益な協議」行っている=ト

ワールド

ロシア大統領、2024年の任期切れに伴い退任する意

ビジネス

アングル:中国が約束した米国製品輸入増、ボトルネッ

ワールド

焦点:まひ状態のWTO裁定機能、トランプ氏が「首固

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    交渉は無駄と悟った?──トランプが米朝首脳会談を中止した理由

  • 4

    米朝会談キャンセルで、得をしたのは中国を味方に付…

  • 5

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 10

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 8

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 9

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 10

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 1

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 2

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 6

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 7

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月