最新記事

韓国事情

日本流カジノの試金石? セガサミーが取り組む韓国の統合型リゾート事業

2018年3月16日(金)19時00分
佐々木和義

2017年4月韓国仁川にオープンした北東アジア初の統合型リゾート施設「パラダイスシティ」

<2017年4月、日本のセガサミーと韓国カジノ大手パラダイスが出資する統合型リゾート施設が韓国仁川にオープンした>

日本国内の統合型リゾート施設(IR)参入を目指すセガサミーが、韓国仁川に進出してまもなく1年。施設の魅力のほかに、セガサミーグループから派遣する日本人45人のスタッフの日本流おもてなしを武器に順調に業績を上げている。

2017年、仁川に統合型リゾート施設「パラダイスシティ」がオープン

2017年4月、韓国仁川に北東アジア初の統合型リゾート施設(IR)「パラダイスシティ」がオープンした。投資金額は1兆4200億ウォン(約1246億円)で、日本のセガサミーホールディングスが45%、韓国カジノ大手のパラダイスが55%を出資した合弁事業である。

敷地面積33万平方メートル(約10万坪)の複合リゾートで、2017年にホテルとリゾート、カジノ、コンベンションがオープンし、2018年秋にはK-styleショッピングやグルメ、文化芸術まで楽しめる商業施設やファミリー向けエンタテイメント施設「ワンダーボックス」、プールやエステ、韓国式サウナのウォーターパーク「パブリックスパ」、アジア最大となるクラブなどもオープンを予定している「アートテイメント施設」だ。

日本のカジノ解禁に備えたノウハウを習得する

訪韓中国人が増えはじめた2012年、韓国のパラダイスは複合型リゾートを計画し、同社の田会長は旧知であるセガサミーホールディングスの里見会長に合弁を持ちかけた。パラダイスグループは、ソウルのウォーカーヒルや釜山、済州でカジノを運営する韓国カジノの最大手である。

中国人の利用が多いパラダイスだが、セガサミーとの合弁は日本人誘客に繋がる期待があり、セガサミーも日本のカジノ解禁に備えたノウハウを習得する機会と捉え、2014年に合意に達し、同年11月に着工した。訪韓日本人は翌年の2015年に200万を割り込むなど伸び悩んでいたが、一方の中国人観光客は600万人を超え、カジノも特需に湧いていた。

オープンまで1ヶ月に迫った2017年3月、パラダイスシティを衝撃が走る。在韓米軍の高高度防衛ミサイルTHAAD配備に関連し、中国政府が報復として韓国への団体旅行を禁止したのだ。訪韓中国人の激減が予想されるなか、見通しが立たないまま開業を迎えることになる。

仁川空港からわずか5分の距離

先行き不透明なパラダイスシティを救ったのは日本人利用客だった。パラダイスシティは日本に最も近いカジノである。日本の19空港との間に直行便が就航している仁川空港からわずか5分の距離だ。中国人客は予想を下回った一方、日本人客が堅調に推移した。

嬉しい誤算もあった。2017年夏頃から週末になると首都圏の家族連れで溢れかえるようになったのだ。韓国のホテル宿泊料は、利用人数に関わらず1部屋あたりで設定されている。ソウルから近く、宿泊者専用のスパやゲーム、キッズルームなどがあるパラダイスシティは、親子連れにとって、手軽に楽しめるリゾートなのだという。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

英、北部とロンドンでのロックダウンを検討=タイムズ

ビジネス

日産、中国市場に今後5年で新型車継続投入へ=内田社

ビジネス

米大統領選テレビ討論会が焦点、不安定な値動きも=今

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月