最新記事

韓国事情

日本流カジノの試金石? セガサミーが取り組む韓国の統合型リゾート事業

2018年3月16日(金)19時00分
佐々木和義

2017年4月韓国仁川にオープンした北東アジア初の統合型リゾート施設「パラダイスシティ」

<2017年4月、日本のセガサミーと韓国カジノ大手パラダイスが出資する統合型リゾート施設が韓国仁川にオープンした>

日本国内の統合型リゾート施設(IR)参入を目指すセガサミーが、韓国仁川に進出してまもなく1年。施設の魅力のほかに、セガサミーグループから派遣する日本人45人のスタッフの日本流おもてなしを武器に順調に業績を上げている。

2017年、仁川に統合型リゾート施設「パラダイスシティ」がオープン

2017年4月、韓国仁川に北東アジア初の統合型リゾート施設(IR)「パラダイスシティ」がオープンした。投資金額は1兆4200億ウォン(約1246億円)で、日本のセガサミーホールディングスが45%、韓国カジノ大手のパラダイスが55%を出資した合弁事業である。

敷地面積33万平方メートル(約10万坪)の複合リゾートで、2017年にホテルとリゾート、カジノ、コンベンションがオープンし、2018年秋にはK-styleショッピングやグルメ、文化芸術まで楽しめる商業施設やファミリー向けエンタテイメント施設「ワンダーボックス」、プールやエステ、韓国式サウナのウォーターパーク「パブリックスパ」、アジア最大となるクラブなどもオープンを予定している「アートテイメント施設」だ。

日本のカジノ解禁に備えたノウハウを習得する

訪韓中国人が増えはじめた2012年、韓国のパラダイスは複合型リゾートを計画し、同社の田会長は旧知であるセガサミーホールディングスの里見会長に合弁を持ちかけた。パラダイスグループは、ソウルのウォーカーヒルや釜山、済州でカジノを運営する韓国カジノの最大手である。

中国人の利用が多いパラダイスだが、セガサミーとの合弁は日本人誘客に繋がる期待があり、セガサミーも日本のカジノ解禁に備えたノウハウを習得する機会と捉え、2014年に合意に達し、同年11月に着工した。訪韓日本人は翌年の2015年に200万を割り込むなど伸び悩んでいたが、一方の中国人観光客は600万人を超え、カジノも特需に湧いていた。

オープンまで1ヶ月に迫った2017年3月、パラダイスシティを衝撃が走る。在韓米軍の高高度防衛ミサイルTHAAD配備に関連し、中国政府が報復として韓国への団体旅行を禁止したのだ。訪韓中国人の激減が予想されるなか、見通しが立たないまま開業を迎えることになる。

仁川空港からわずか5分の距離

先行き不透明なパラダイスシティを救ったのは日本人利用客だった。パラダイスシティは日本に最も近いカジノである。日本の19空港との間に直行便が就航している仁川空港からわずか5分の距離だ。中国人客は予想を下回った一方、日本人客が堅調に推移した。

嬉しい誤算もあった。2017年夏頃から週末になると首都圏の家族連れで溢れかえるようになったのだ。韓国のホテル宿泊料は、利用人数に関わらず1部屋あたりで設定されている。ソウルから近く、宿泊者専用のスパやゲーム、キッズルームなどがあるパラダイスシティは、親子連れにとって、手軽に楽しめるリゾートなのだという。

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 9

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月