最新記事

北朝鮮

安倍首相、韓国国家情報院長と会談「拉致問題も核・ミサイルと共に解決へ」

2018年3月13日(火)15時10分

3月13日、安倍晋三首相は、来日中の徐薫(ソ・フン)韓国国家情報院長(左)と会談し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とのやり取りについて説明を受けた。首相官邸で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

安倍晋三首相は13日午前、来日中の徐薫(ソ・フン)韓国国家情報院長と会談し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とのやり取りについて説明を受けた。安倍首相は非核化を前提とした話し合いの機運が生まれつつあることを評価した上で、核とミサイルだけでなく、拉致問題も解決するのが日本の基本方針と徐氏に伝えた。

徐情報院長は会談の冒頭、「金正恩労働党委員長が自分の言葉で非核化への意思を明らかにしたのは、とても意味あること」と指摘。「韓半島(朝鮮半島)の非核化、そしてミサイル問題を解決するには、韓日の首脳がいつにも増して緊密に意思を結合して協力していくことがとても重要だ」と述べた。

一方、安倍首相は「非核化を前提に話し合いをするというのを日本は評価している。(北朝鮮が)言葉を実践することが極めて重要と考えている」と語った。その上で、「日韓米で協力して核問題、ミサイル問題、拉致問題の解決に向けて全力を傾けていきたい」と述べた。

核とミサイル開発の影に隠れがちだが、日本は北朝鮮との間に自国民の拉致という問題を抱えている。この日の会談冒頭でも徐情報院長は核とミサイルには言及したものの、日本の拉致問題に触れることはなかった。

安倍首相と徐情報院長の会談はおよそ1時間行われた。日本側は河野太郎外相や谷内正太郎国家安全保障局長、韓国側は国家安全保障室の南官杓(ナム・グァンピョ)第2次長などが同席した。

会談を終えた徐氏は記者団に対し、「安倍首相から、南北会談と米朝会談を成功させるためにあらゆる協力をするとの話があった」と説明。北朝鮮の金委員長や、米国のトランプ大統領とのやりとりについて、安倍首相にどう伝えたのかは明らかにしなかった。

徐氏は韓国特使団の一員として平壌を訪問し、北朝鮮の金委員長と会談。その後に訪米してトランプ大統領に訪朝の結果を報告し、米朝首脳会談を仲介した。

安倍首相は4月初旬に訪米し、北朝鮮との首脳会談に臨むトランプ大統領と対応策をすり合わせる。拉致問題の解決に向けた米国の協力も要請する。

(久保信博)

[東京 13日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月