最新記事

カナダ

「給料増やすのヤメロ!」ケベックの医師たちが昇給に反対する理由

500 Canadian Doctors Protest Pay Raises

2018年3月8日(木)17時08分
ライアン・シット

医師が報酬を取り過ぎれば制度そのものが破綻する? Ridofranz-iStock.

<カナダが誇る「国民皆保険」を維持するには、看護師や患者にもっと配分せよ、と700人以上の医師が署名>

カナダの医師数百人が、自分たちの報酬引き上げに抗議している。そんな金があるなら看護師や患者にもっと配分してほしいと、署名活動を行っているのだ。

カナダ東部ケベック州の公用語であるフランス語の抗議文には、こう書かれている。「われわれは公的医療制度を強く維持することの意義を信じている。従って、今回提示された昇給は受け入れられない」

2月25日以降、すでに700人以上の署名が集まった。米CNBC によると3月6日時点の内訳は、一般開業医213人、専門医184人、研修医149人、医学生162人だという。

カナダの公的医療制度は国の財政難のあおりで予算が削られており、看護師や医療スタッフに過度の負担がかかり、患者も医療サービスの低下に苦しんでいる。そんなときに、自分たちだけ給料が増えるのは納得がいかないという。

「今回の報酬引き上げは衝撃的としか言いようがない」と抗議文にはある。「医師の報酬だけは医療費削減の例外らしい」

「われわれはケベック州の医師として、昇給分を返上し、その財源を看護師の待遇改善や住民への医療サービスに還元するよう求める」

カナダ政府の公式ウェブサイトには、カナダは「国民皆保険を採用し、個人の支払い能力ではなくニーズに応じて医療サービスを提供する」とあるが、それはもはや絵に描いた餅になっているようだ。

医師が看護師と連帯

抗議文は次のようにも書く。「医療財源の配分を見直せば、看護師を肉体の限界まで追い込まなくても患者のニーズを満たす道が開けるはずだ」

カナダ保健情報局が2017年9月に発表した報告書によれば、2016年にカナダ保健省が医師に支払った報酬の平均は26万924ドル(税引き前)。

抗議の主体であるケベック州の医師団体MQRP(Médecins Québécois Pour le Régime)は2月17日にも、専門医を対象にした総額5億ドルの報酬引き上げを「破廉恥」と呼んで抗議した。

医師による抗議は、看護師たちが労働条件の改善を要求して行った座り込みをきっかけに始まった。MQRPは2月1日、看護師との連帯を文書で表明した。

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ワールド

トルコ大統領選・議会選、エルドアン氏と与党・AKP

ワールド

OPEC非加盟国も増産に合意、規模は不透明

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 2

    ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年内にイギリスで市販か

  • 3

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出て…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月