最新記事

中間選挙

テキサス州予備選、民主党が好調な滑り出し──トランプへの反対票か

2018年3月8日(木)14時30分
グラハム・ランクツリー

民主党のオルーク候補(白いシャツに黒いキャップ)と支持者 William Philpott-REUTERS

<保守の牙城、テキサス州の予備選に女性と非白人が積極的に参加して民主党の投票数は過去最高に。対する共和党は熱気に欠ける>

今秋行われる米中間選挙に向け、テキサス州で3月6日、共和党・民主党両党の連邦上下院議員候補を選ぶ予備選挙が実施され、選挙戦の火蓋が切って落とされた。

今回のテキサス州予備選では、前回2014年の中間選挙の予備選と比べ、民主党支持者の投票者数が87%も増加。専門家によると、女性と非白人が積極的に選挙に参加したことが大きな要因だという。

民主党の上院議員候補にはベト・オルーク下院議員が選出され、共和党候補で現職のテッド・クルーズとの一騎打ちに臨むことになった。また民主党は92年以降初めて、連邦下院議員を選ぶ州内の36の選挙区すべてで候補者を擁立した。

「共和党はテキサスで起きた事態に危機感を抱くべきだ」と、2016年の大統領選で民主党全国委員会にデータを提供した調査会社ターゲットスマートのトム・ボニアーCEOは本誌に語った。

共和党予備選の投票者数も15%増えたが、民主党の87%増は、中間選挙の予備選では「まずあり得ない」数字だと、ボニアーは言う。

熱気に欠ける共和党

テキサス州は伝統的に共和党が強く、それを支えるのは主として白人男性だ。近年は中南米系とアフリカ系住民が増えているが、ボニアーによれば、この層はこれまで白人ほど選挙に熱心ではなかった。この層がどっと投票所に押し寄せれば、勢力図が大きく変わる可能性がある。

先週末の期日前投票を見て、ボニアーは女性、黒人、中南米系の参加が大幅に増える一方で、白人の参加が減ったことに気づいた。11月の本選でも、こうした現象が起きる可能性がある。

民主党の下院議員候補として、中南米系の女性2人、ベロニカ・エスコバルとシルビア・ガルシアがそれぞれの選挙区で選出され、どちらか、あるいは2人とも本選で勝てば、テキサス州選出では初の中南米系女性の下院議員となる。

ボニアーによれば、民主党の支持基盤は中間選挙に向けて活発に草の根運動を展開しているが、共和党陣営は民主党と比べても、また16年の大統領選と比べても、まったく熱気が感じられないという。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月