最新記事

フェイスブック

フェイスブック上の「性格判断アプリ」で5000万人情報流出、トランプ陣営の支援に利用も

2018年3月20日(火)16時00分
ジェイソン・マードック

ケンブリッジ・アナリティカのアレクサンダー・ニックスCEO Pedro Nunes-REUTERS

<英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカへの情報流出スキャンダルでザッカーバーグCEOが窮地に>

フェイスブックは欺瞞的で「まるで監視会社だ」――米国家安全保障局(NSA)の機密情報を暴露し、現在はロシアに亡命しているエドワード・スノーデンはこう警告した。

フェイスブックについては、2014年に英ビッグデータ分析会社ケンブリッジ・アナリティカがユーザー5000万人の個人データを取得していたことが発覚。スノーデンはこれを受けて3月17日、ツイッター上でフェイスブックを批判した。

ケンブリッジ・アナリティカは複数の顧客と大型契約を結んでおり、2016年の米大統領選ではドナルド・トランプ陣営とも契約していた。

今回のスキャンダルは、英オブザーバー紙とニューヨーク・タイムズ紙の報道で発覚した。かつのてケンブリッジ・アナリティカ幹部で今回の内部告発を行ったクリストファー・ワイリー(28)の証言によれば、ケンブリッジ・アナリティカは、英ケンブリッジ大学の心理学者アレクサンドル・コーガン博士が作成した「性格分析」アプリを使って、フェイスブック・ユーザーの個人データを政治的な目的で、本人の同意なしに収集したという。

FBは「被害者ではなく共犯者」

不正なデータ取得が明らかになった週末明けの3月19日、フェイスブックの株価は一時6.77%下落した。個人データを蓄積して収益源とするフェイスブックのビジネスモデルに黄信号が灯ったという見方からだ。

問題が始まったのは2014年。ケンブリッジ・アナリティカは、コーガンの性格判断アプリを使ってフェイスブック・ユーザーのデータを取得した。

性格判断のテストを受けるにはフェイスブックにログインしなければならないが、約27万人のユーザーがログインしてテストを受け、情報を盗まれた。

しかも当時のフェイスブックの利用規定では、このアプリにテストを受けた人の友達の情報にもアクセスすることを認めていたため、ケンブリッジ・アナリティカは都合5000万人分の情報を入手した。

同社はその情報をもとに、どんな選挙広告を誰に表示すればいいかのアドバイスを行っていた。2016年の米大統領選挙では、トランプ陣営のためにもその情報を使っていた可能性がある。

スキャンダルを受けて、スノーデンはツイートを投稿。「フェイスブックは何百万という人々のプライベートに関する詳細な情報を悪用し、販売している」と指摘した。

「彼らは被害者ではなく共犯者だ。人々の私生活に関する詳細な情報を集めて売ることで金儲けをしている企業は、以前なら単純に『監視会社』と呼ばれていた。それを『ソーシャルメディア』と再定義して巧みに人々を欺いている」

フェイスブックは3月16日に声明を発表。今回の一件は「情報漏洩」ではないと事態の鎮静化を試み、ケンブリッジ・アナリティカのアカウントを停止したと発表した。同社はその後、ワイリーの個人アカウントも停止した。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京都で新たに220人以上の感染確認 

ビジネス

米フォード中国販売台数、第2四半期は前年比3%増 

ワールド

豪、香港との犯罪人引き渡し条約停止 香港市民のビザ

ビジネス

エアバス、上半期の引き渡し数は16年ぶり低水準 6

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月