最新記事

北朝鮮

衛星画像で見つける金正恩「最大の弱点」とは

2018年2月23日(金)18時10分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

金正恩の時代になって収容所の実態把握は困難になってしまった KCNA-REUTERS

<衛星画像の解析によって政治犯収容所の実態が解明できれば、金正恩体制にとって最大の弱点となる>

米国の情報機関である国家地理情報局(NGA)が、衛星写真や航空写真を非政府組織(NGO)や研究機関に提供する予定だと、米国の外交専門誌フォーリン・ポリシーが21日に伝えた。

NGAの軍事アナリストであるクリス・ラスムセンは同誌とのインタビューで、NGOとの最初の協力は、北朝鮮に焦点を当てたものになると述べている。

これまで北朝鮮における人権侵害を追及するNGOは、商業衛星写真や脱北者の証言などに基づき、政治犯収容所に代表される北朝鮮の人権蹂躙の証拠を見つけてきた。

<参考記事:「家族もろとも銃殺」「機関銃で粉々に」...残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

しかし、商業衛星は軍事衛星に比べれば解像度で劣るし、購入費用も非常に高くついていた。NGAが今後、どこまで鮮明な画像を提供するかはわからないが、コスト面だけでもNGOにとっては大きな助けとなろう。

とくに期待されるのは、政治犯収容所の実態解明である。

北朝鮮で「管理所」と呼ばれる政治犯収容所には以前、有期刑の囚人を収容する「革命化区域」と、無期刑の囚人が入れられる「完全統制区域」が存在していた。そのため、革命化区域から釈放され、脱北した人々の証言により収容所の実態が外部に知られることになったのだ。

しかし金正恩党委員長の時代になり、北朝鮮は革命化区域をなくし、収容所すべてを完全統制区域にしてしまった。これにより、収容所の実態把握が困難になってしまったのだ。

また政治犯収容所だけでなく、強制送還された脱北者らを収容する施設も、人権侵害の現場となっている。そこで行われていることは、被害者たちの証言に繰り返し触れながらも、日本の常識ではなかなか信じられないほど凄惨なものだ。

<参考記事:北朝鮮、脱北者拘禁施設の過酷な実態...「女性収監者は裸で調査」「性暴行」「強制堕胎」も

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月