最新記事

ランニング

東京マラソンも「笑顔」で! ランニングのパフォーマンスを上げるコツ

2018年2月23日(金)17時00分
松丸さとみ

マラソンは「笑顔」で 今すぐできるパフォーマンスを上げるコツ Toru Hanai-REUTERS

<「東京マラソン」がとうとう今週末。「笑顔がランニングのパフォーマンスを向上させる」という研究が発表された>

一流アスリートは競技中、笑顔

国内最大級のマラソン大会「東京マラソン」がとうとう今週末にせまったが、参加する人たちは最後の調整に励んでいるところだろう。もう日数も少ないのでできることはあまりない......と思っている人もいるかもしれない。そんな人たちにぜひお伝えしたい、当日できるレースの秘訣とも言える実験結果がこのほど発表された。

「笑顔がランニングのパフォーマンスを向上させる」という記事が、学術誌「サイコロジー・オブ・スポーツ・アンド・エクササイズ」に掲載されたのだ。発表したのは、英国北アイルランドのアルスター大学の講師、ノエル・ブリック氏を中心とした研究者チーム。ブリック氏は英紙デイリー・メールに対し、「ランニングやサイクリングのイベントで、選手が笑顔でいるのに気づき、この戦略が耐久性の求められる活動に実際に計測可能な影響を与えるのか、好奇心をそそられました」と、研究の動機を語っている。

ブリック氏はまた、研究チームのメンバーであるリチャード・メトカーフ氏と一緒に書いた学術系ニュースサイト「ザ・カンバセーション」の記事で、リオ五輪のマラソン金メダリスト、エリウド・キプチョゲ選手を含むトップ・アスリートが、リラックスしたり競技に耐えたりするために時々笑顔になっている、と指摘している。

「ザ・カンバセーション」の記事によると実験では、普段から走り込んでいるレベルのランナー24人に、トレッドミルの上で6分間のランニングを4パターン走ってもらった。1つ目のパターンはまず「笑顔で走る」。これは、作り笑いではなく本物の笑顔であることがポイントだという。2つ目は、「しかめ面で走る」。これは、自分が普段、懸命に走っている時の顔を再現してもらった。3つ目は、「意図的に手と上半身をリラックスさせて走る」。ポテトチップスを親指と人差し指の間に挟んで持っていると想像し、それを割らないように走るイメージをしてもらったそうだ。そして最後は、「通常通り走る」だった。また、ランニング時は酸素マスクをつけてもらい、どれだけエネルギーを使ったかを計測した。そして各セッションの後に、それぞれの走り方でどう感じたかを報告してもらった。

笑顔はしかめ面よりもパフォーマンスが上がる

4つの走り方の中で、最も効率が良い(使用エネルギーが少ない)走り方だったのは、「笑顔で走る」だった。笑顔で走った場合、しかめ面で走った時より2.8%、普段通りの走り方よりも2.2%、効率が良かったという。意図的にリラックスした「ポテチ走り」は、普段の走りと比べ特に効率の良さは見られなかったそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

韓国、環境分野で雇用創出 950億ドル投資へ

ワールド

米のコミットメント支持=南シナ海巡る中国主張は違法

ビジネス

スウォッチグループ、上期は初の赤字転落 業績回復を

ワールド

オーストラリア、感染第2波への警戒高まる 各州が対

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

  • 7

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

  • 8

    なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

  • 9

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 10

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 10

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月