最新記事

中東

イスラエル軍機撃墜、イランとの緊張激化で戦争か

2018年2月13日(火)18時30分
マーク・シュルマン

2月10日、イスラエル北部に墜落したF16戦闘機の残骸を調べるイスラエル治安部隊 Ronen Zvulun-REUTERS

<イランがシリアの軍事拠点からイスラエルに無人機を飛ばしたのがきっかけで報復合戦に。今や仲裁すべきアメリカの姿もない>

イランの無人機が、イスラエル北部のシリアとの国境付近に飛来したのを察知。領空侵犯してきた無人機を、待ち構えていたイスラエルのアパッチ攻撃用ヘリコプターが撃墜した。

すぐさま報復に転じたイスラエル空軍は、シリア領内にあるイラン施設や無人機関連施設を空爆した。

イスラエルの情報筋によれば、攻撃には長射程で最先端のスタンドオフ型のミサイルを使用したため、イスラエル軍の戦闘機はシリア領空に入る必要はなかった。

だがイランと手を組むシリア政府軍は、イスラエル軍の戦闘機に向けて空前の規模の対空ミサイルを発射。イスラエル北部を飛んでいたF16戦闘機の1機が撃墜された。パイロット2人はパラシュートで脱出したが1人は重体。イスラエル軍の戦闘機が撃墜されたのは1982年以降で初めてだ。

平和の虚構が崩れた

これを受け、イスラエルはさらに大規模な報復措置として、シリアにあるイラン関連の軍事施設4カ所やシリアの防空施設少なくとも4カ所を含む計12カ所を空爆。F16戦闘機を砲撃した全ての施設を破壊した。イスラエルの情報筋によれば、今回の攻撃はシリアの防空施設を狙ったものとして、1982年のイスラエルによるレバノン侵攻以降、最大規模かつ最も成功した作戦例になったという。当時のイスラエルは、対立するパレスチナ解放機構(PLO)を支援したシリア空軍に向けて空爆を繰り返した。

イスラエル住民は今、自分たちが平和と思ってきたものは虚構だったのかと、自問自答している。何かが根底から変わってしまったのか、と。答えはその通り、だ。

イランがイスラエルに無人機を飛ばしてきたのは大きな変化だ。目的が攻撃だったか単なる偵察だったかはわからないが、それは大した問題でない。重要なのは、ここにきてイランがイスラエルと直接対決するという戦略的な決断を下し、戦い方を変えてきたことだ。

イランがシリア領内にイスラエル攻撃用の前線基地を作るのは絶対に許さないと、イスラエルは公言してきた。だがイランはシリアの軍事拠点化を断固進めるつもりだ。今後、対立が激化するのは必至だ。

今回のイスラエル軍機撃墜は、驚きを持って受け止められた。イスラエル空軍は自国の戦闘機が無敵だと信じていたわけでは決してないが、実際に撃墜され、しかも現場がイスラエル上空だったことに驚きを隠さない。F16戦闘機に搭載されている高度防御システムの一部が作動しなかったのは明らかだ。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 2

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 3

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 4

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    中国の量子通信衛星チームが米科学賞受賞

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月