最新記事

中国外交

対アフリカ援助外交は中国スパイの隠れみの?

2018年2月13日(火)16時30分
シャノン・ティエジー

中国とアフリカの「パートナーシップの象徴」だったAU本部ビルがスパイ疑惑の渦中に Tinksa Negeri-REUTERS

<資金も工事も丸抱えでアピール攻勢、中国のインフラ支援に隠された高過ぎる代償>

2012年1月、エチオピアの首都アディスアベバにアフリカ連合(AU)の新本部ビルが完成した。総工費2億ドルは中国が出資し、自国から輸入した建設材料を使い、その大部分を建設した。

「中国の驚異的な台頭と、アフリカとの互恵関係を目指す積極的な動きは、アフリカ再生のきっかけの1つ」だと当時エチオピアの首相は語った。高さ約100メートルのビルはAUおよびAU加盟国と中国のパートナーシップの象徴だった。

あれから6年、その象徴を揺るがす疑惑が浮上した。建設に協力した中国がAU本部ビルを盗聴、AUのコンピューターネットワークの情報が上海のサーバーにコピーされるよう設定していた可能性もある――。1月末に仏有力紙ルモンドがそう報じたのだ。スパイ行為が発覚した17年1月までの5年間、中国は本部ビル内の機密情報にアクセス可能だったという。

発覚後にAUは新たなサイバーセキュリティー対策を講じ、中国からのサーバー新設の申し出を断った。本部ビルの壁や机の下から隠しマイクも見つかっている。12年当時の報道によればビル内の家具も中国からの贈り物だったらしいが、今となっては疑惑の種だ。

一方の中国は即座に疑惑を否定した。中国のAU大使はエチオピアの報道陣に対し、AU本部に対するスパイ疑惑は「理解できない。ばかげている」と語り、「中国とアフリカの関係に問題が生じるのは必至」との見方を示した。

中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官はさらに強気だった。「中国はアフリカの内政に一切干渉せず、アフリカの利益を損なう活動にも一切関与しない。中国とアフリカの協力関係はばかげた報道で邪魔されることはない」

記事によれば、AUに対しスパイ行為を行っているのは中国だけではない。イギリスとフランスの情報当局も過去にAUを標的にしている。少なくとも中国はアフリカの国を植民地化したわけではなく、現在は経済的に援助している――外交筋の一部にはそんな楽観論もある。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月