最新記事

朝鮮半島

北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

North Korean Performers Catch Glimpse of Defector

2018年2月13日(火)15時40分
ソフィア・ ロット・ペルシオ

北朝鮮に帰る「美女楽団」を国境で待ち構え、韓国当局に取り押さえられた脱北女性(2月12日) Jung Yeon-je-REUTERS

<望郷の念を断ちがたく、北朝鮮に帰国する美女楽団を追いかけてきた脱北女性を、韓国当局は北朝鮮のスパイと言うが?>

2月12日、平昌冬季オリンピックのために韓国を訪れていた北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団が帰国の途に就こうとしたとき、彼らのバスに一人の女性が駆け寄った。祖国の北朝鮮に帰りたいと広く公言している脱北者だ。

女性はキム・リョンヒという名で、137人の楽団員を乗せたバスが北朝鮮との国境にある南北出入国事務所(CIQ)に着いた時に突然現れた。楽団は前日にソウルで公演を行い、北朝鮮訪問団の政府高官や韓国の文在寅大統領も鑑賞した。

韓国の聯合ニュースによると、キムは、「さようなら、みなさん。私はキム・リョンヒ、平壌市民です」と楽団員に言ったという。「できるだけ早く家に帰りたいです」と言いながら、朝鮮半島旗(統一旗)を振った。韓国政府職員はキムを止め、楽団員の目に触れさせまいとしたが、初めて脱北者を目にしたであろう楽団員たちは戸惑っているようだった。

キムは韓国英字紙コリア・ヘラルドに対し、地元住民の助けで国境エリアに入ることができたと語った。「住民が迎えに来て乗せてくれた。身分証明書があればどこでも問題なく入ることができた」と話した。「できるだけ楽団の近くに行きたかった」

国連の記者会見に乱入

平壌で裁縫師をしていたキムは2011年、中国、ラオス、タイを経て韓国に入った。2015年にCNNに語ったところによると、キムは肝疾患の治療のために中国に行ったが、医療費が高過ぎて払えないことがわかった。韓国に行けば数カ月で稼げると言うブローカーに騙されて韓国に来て帰ることができなくなったという。

だが韓国当局は、パスポート偽造の罪でキムを拘留しながら帰国を認めず、本国へ送還されることを願う北朝鮮の元スパイだと主張する。

国連の北朝鮮人権状況特別報告者、トマス・オヘア・キンタナも、2017年12月、キムに面会している。ロイターによれば、キムは面会の翌日、ソウルで開かれた国連の記者会見に乱入し、帰国したいと訴えて、韓国政府に人権を侵害されていると主張した。

キムは、北朝鮮に住む家族に再会したいと訴え、そのためなら帰国後に苦難に直面しても耐えられると述べた。「(韓国で)生計を立てていけるし、生活に何の支障もない。(北朝鮮に帰れば)暮らしは悪くなる可能性があるし、飢えに苦しむかもしれない。しかし家族はもっと大切だ」と、キムはコリア・ヘラルドに語った。

ニュース速報

ワールド

原油先物は小幅上昇、中国が通商協議で米国に代表団派

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得 野党弾圧で海外

ビジネス

トヨタ、中国で生産能力12万台拡張を計画 販売拡大

ワールド

中国商務次官、通商協議のため8月末に訪米=中国商務

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月