最新記事

台湾映画

台湾で政治映画がタブーな理由

2018年1月5日(金)16時40分
アンソニー・カオ(映画評論サイト「シネマエスケーピスト」創設者)

台北の繁華街・西門町に掲げられた人気映画の広告 KREANGCHAIRUNGFAMAI/ISTOCKPHOTO

<韓国と違い、中国への商業的配慮と不十分な「過去の清算と和解」が足かせに>

台湾と韓国はどちらも30年前に独裁体制から民主主義に移行した「アジアの虎」だ。両者には共通点も多いが、決定的に異なる分野が1つある。制作する映画やテレビ番組のジャンルだ。韓国では政治をテーマにした大作映画が定期的に公開されるが、台湾ではほとんどない。

韓国の17年の興行収入トップは『タクシー運転手~約束は海を越えて~』。光州事件の取材に来たドイツ人ジャーナリストを乗せたタクシー運転手の実話に基づく作品だ。全斗煥(チョン・ドゥファン)将軍の軍事独裁に抗議する市民数百人を韓国軍が殺害した光州事件は、80年5月18日に起きたので「5.18」とも呼ばれる。

『タクシー運転手』が台湾で公開されると、地元メディアは「韓国版2.28」と呼んだ。2.28とは、47年に中国国民党軍が同党の支配に反発する本省人(戦前からの台湾住民)最大約3万人を虐殺した事件のこと。弾圧の開始が2月28日だった。

5.18と2.28は、どちらも民主化の歩みの中で起きた最大の悲劇だ。当然、台湾のネット社会では、「台湾で2.28についての大作映画はいつできるのか」という声が上がり始めた。

実は2.28を描いた台湾映画は既に1本ある。台湾ニューシネマを代表する侯孝賢(ホウ・シアオシェン)監督の『悲情城市』(89年)だ。

ただし、この映画は『タクシー運転手』と大きく違う。超大作というよりアート作品であり、直接には2.28の残虐行為を描いていない。誰もが事件のことを知っているが、映画の中で公然と語られることはない。

いま見ても、『悲情城市』は独裁体制の過去に苦悩する台湾の姿が最もよく表現された作品だ。それ以来、誰も2.28についての映画を撮っていない。

韓国はまさに対照的だ。光州事件を取り上げた映画は『タクシー運転手』を含め、少なくとも6本ある。近年の政治史を題材に取った映画やテレビ番組はさらに多い。

79年の朴正熙(パク・チョンヒ)大統領暗殺を風刺した『ユゴ 大統領有故』(05年)のように、政治的事件を直接テーマに据えた映画もある。昨年4月に韓国公開の『ザ・メイヤー 特別市民』は李明博(イ・ミョンバク)元大統領を思わせる、大統領への野心を抱くソウル市長が主役の作品だ。11年の『シティーハンター in Seoul』のような若い女性向けのテレビドラマでも、独裁体制の過去を主要な筋書きに使っている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米金融部門、アジア系女性昇進になお「竹の天井」=調

ビジネス

8月の豪小売売上高、前月比+0.6% 予想上回る

ビジネス

JPモルガンの英個人向け金融部門、2年以内に従業員

ビジネス

アップル、新型iPhone生産拡大見送り=ブルーム

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 7

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 10

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月