最新記事

台湾映画

台湾で政治映画がタブーな理由

2018年1月5日(金)16時40分
アンソニー・カオ(映画評論サイト「シネマエスケーピスト」創設者)

台北の繁華街・西門町に掲げられた人気映画の広告 KREANGCHAIRUNGFAMAI/ISTOCKPHOTO

<韓国と違い、中国への商業的配慮と不十分な「過去の清算と和解」が足かせに>

台湾と韓国はどちらも30年前に独裁体制から民主主義に移行した「アジアの虎」だ。両者には共通点も多いが、決定的に異なる分野が1つある。制作する映画やテレビ番組のジャンルだ。韓国では政治をテーマにした大作映画が定期的に公開されるが、台湾ではほとんどない。

韓国の17年の興行収入トップは『タクシー運転手~約束は海を越えて~』。光州事件の取材に来たドイツ人ジャーナリストを乗せたタクシー運転手の実話に基づく作品だ。全斗煥(チョン・ドゥファン)将軍の軍事独裁に抗議する市民数百人を韓国軍が殺害した光州事件は、80年5月18日に起きたので「5.18」とも呼ばれる。

『タクシー運転手』が台湾で公開されると、地元メディアは「韓国版2.28」と呼んだ。2.28とは、47年に中国国民党軍が同党の支配に反発する本省人(戦前からの台湾住民)最大約3万人を虐殺した事件のこと。弾圧の開始が2月28日だった。

5.18と2.28は、どちらも民主化の歩みの中で起きた最大の悲劇だ。当然、台湾のネット社会では、「台湾で2.28についての大作映画はいつできるのか」という声が上がり始めた。

実は2.28を描いた台湾映画は既に1本ある。台湾ニューシネマを代表する侯孝賢(ホウ・シアオシェン)監督の『悲情城市』(89年)だ。

ただし、この映画は『タクシー運転手』と大きく違う。超大作というよりアート作品であり、直接には2.28の残虐行為を描いていない。誰もが事件のことを知っているが、映画の中で公然と語られることはない。

いま見ても、『悲情城市』は独裁体制の過去に苦悩する台湾の姿が最もよく表現された作品だ。それ以来、誰も2.28についての映画を撮っていない。

韓国はまさに対照的だ。光州事件を取り上げた映画は『タクシー運転手』を含め、少なくとも6本ある。近年の政治史を題材に取った映画やテレビ番組はさらに多い。

79年の朴正熙(パク・チョンヒ)大統領暗殺を風刺した『ユゴ 大統領有故』(05年)のように、政治的事件を直接テーマに据えた映画もある。昨年4月に韓国公開の『ザ・メイヤー 特別市民』は李明博(イ・ミョンバク)元大統領を思わせる、大統領への野心を抱くソウル市長が主役の作品だ。11年の『シティーハンター in Seoul』のような若い女性向けのテレビドラマでも、独裁体制の過去を主要な筋書きに使っている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、9月の世界生産85万台程度 国内1工場3ラ

ビジネス

ホンダ、円安で通期営業益8300億円へ上方修正 4

ワールド

中国、台湾周辺での軍事演習延長 戦闘機や軍艦投入

ワールド

タイ中銀、政策金利0.25%引き上げ0.75%に 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 4

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 7

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 8

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 9

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 10

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月