最新記事

日本社会

ブラックバイトの被害が多いのは、コンビニ、居酒屋、学習塾

2017年12月27日(水)11時45分
舞田敏彦(教育社会学者)

ブラックバイトの被害率は業種によってかなり違う Neustockimages-iStock.

<人手不足が深刻になるなか、年中無休・24時間営業の便利さは多くの学生バイトに犠牲を強いることで成り立っている>

年末年始は学生が「ブラックバイト」の被害に遭いやすい時期だ。ケーキやおせち料理の予約の販売ノルマを課せられ、達成できなければ買い取りを強いられる......。このような被害が毎年、相次いでいる。

2015年に厚生労働省が実施した「大学生等に対するアルバイトに関する意識等調査」では、学生のブラックバイト被害の実態が明らかにされている。バイト経験のある学生(大学生、短大生、専門学校生、大学院生)に、不当労働行為の被害経験を尋ねる調査だ。

それによると「合意した以上の仕事をさせられた」と回答した学生が13.4%、「合意した以上のシフトを入れられた」が14.8%と多くなっている。多くの学生が従事するコンビニバイトでは、後者の被害率は22.6%と高い。上記のように「商品やサービスの買い取りを強要された」学生も11.6%いる。

不当行為の被害率は業種によってかなり違っている。主な2つ(合意した以上の仕事、シフト)の被害経験率をとった座標上に、28の業種を配置すると<図1>のようになる。ブラックバイトの業界俯瞰図だ。

maita171227-chart01.jpg

右上にあるのはブラック度が高い業種で、円が大きいメインバイト(ファーストフード、コンビニ等。回答人数が多い)はこのゾーンにある。年中無休・24時間営業の業種が多く、人手不足が激しいことが背景にあるのだろう。いつ行っても店が開いている便利さは、従業員(多くが学生バイト)に犠牲を強いることで成り立っている。

学習塾もメインバイトの1つだが、個別指導の講師をした学生の35.2%が「準備や片付けに賃金が払われなかった」と訴えている。授業のコマ数で賃金が決定され、授業の準備に要する労働が無給というケースだ。もっと悪質な被害もあり、筆者の教え子には「最初の2週間は研修期間なので給与は出ない」と言われた学生がいる。完全な法律違反だ。

ニュース速報

ワールド

スペイン、外出制限を強化へ 新型コロナ対策

ワールド

イタリア、新型コロナの死者1万人を突破 世界全体で

ワールド

トランプ米大統領、NY州の「封鎖」を一時検討 その

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発を発射、短距離弾道ミサイルか

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 2

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

  • 3

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は天才?!

  • 4

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナウイルスがあぶり出す日本の危機 自粛ム…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    世界恐慌は絶対に来ない

  • 9

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 10

    キューバが「奇跡の新薬」と医師ら400人を世界に派遣…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 6

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 9

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 10

    中国の巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾めざす

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月