最新記事

動物

パンダのうんちから作られた高級ティッシュはいかが?

Panda Poop Is Being Turned Into Facial Tissues and Toilet Paper

2017年12月21日(木)16時30分
クリスティーナ・チャオ

中国四川省ではジャイアントパンダの繁殖研究が活発 China Daily-REUTERS

<大量のうんちと残飯に悩まされたパンダ保護センターの救世主となるか>

中国で、パンダのうんちをリサイクルして作る贅沢なティッシュペーパーが発売される。ちょっと変わったこの製品は、その名も「パンダ・プー(うんちの意)」。一般的なティッシュの10倍の価格、1箱6.54ドル(約740円)で売り出される。

四川省にあるティッシュ製造会社の犍為鳳生紙業と中国南西部のパンダ保護区は12月18日、保護区内の3カ所の活動拠点から糞便と残飯を回収しリサイクルすることで契約を交わした。

同社は、3~7日おきに原材料となる糞便と残飯を回収し、そこから「パンダ・プー」を製造する。

中国ジャイアントパンダ保護・研究センター(CCRCGP)の研究員フアン・ヤンは中国地方紙の成都ビジネスデイリーに、パンダたちの糞便の量は1日に22ポンド(約10キロ)にもなり、その処理にかなりの時間を費やすと語った。

また、1日で出す残飯は約110ポンド(約50キロ)。パンダは食事後に大量の竹を吐き出すためだ。

ヤンは「同社は私たちのためにゴミの始末をしてくれている」と語る。「糞便をティッシュに加工することは、我々にとって廃棄物処理の完璧な解決策だ」

このほか、トイレットペーパー、ハンカチ、紙ナプキンなどの生産も予定している。

同社のチュウ・チュアンピン副社長は「糞便から筆記用紙は作らない。安全性を確保するために、市場に出る前に製品のバクテリア検査を実施する」と語っている。

チュウは、パンダの糞便から作ったティッシュで自分の顔を拭くのが心配な人たちの懸念に対応するため、製品の安全性を確認する多くのプロセスがあると指摘する。ティッシュは洗浄された後、高温で滅菌される。生産コストが高くつくために商品価格が高いのは仕方がない、と言う。

同社のヤン・チャオリン会長は「当社とパンダはウィンウィンな関係」と話している。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月