最新記事

SNS

2017年リツイートランキングでオバマがトランプに圧勝

2017年12月7日(木)18時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

3位 ハリケーン直撃のヒューストンを救え!

ペンシルバニア州立大学IFC(共済会)は、8月末に大型ハリケーン「ハービー」で甚大な被害を受けたテキサス州ヒューストンを支援するため「このツイートを1RTする毎に0.15ドルを被災地の救援努力に寄付する」と投稿。しかし、ニューヨーク・デイリー・ニュースによると当時120万回RTされたのに、実際の寄付金は約110万円だった。


2位 「シャーロッツビルの悲劇」を案じたオバマ

8月12日に発生したバージニア州シャーロッツビルでの白人至上主義団体と反対派の衝突。オバマは故ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の言葉を引用し、「生まれながらに、肌の色や出自や信仰の違う人を憎む人などいない。人は憎しみを学ぶのだ。だが、憎しみを学べるのであれば、愛することも学べるだろう。愛は憎しみよりももっと自然に、人の心に根付くものだから」と投稿した。


1位 チキンナゲット男

ファストフードが大好きなことで知られるトランプではない。栄えあるトップに輝いたのは、アメリカ・ネバダ州に住む無名の青年カーター・ウィルカーソン。チキンナゲットを愛して止まないウィルカーソンがファストフードのウェンディーズ充てに送ったツイート。「チキンナゲット1年分を無料でもらいだいんだけど、何RTされればいい?」

対してウェンディーズの提示した数は「1800万RT」。食の情報サイト「イーター」の試算では、1800万RTを達成するにはツイッターユーザーの5%がこのツイートをRTしなければならないとされていた。現時点ではまだ目標の5分の1にも満たない。戦いは来年も続きそうだ。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

世界のコロナ死者100万人突破、3カ月で倍増 米印

ビジネス

バイデン氏と議会民主党の勝利、企業収益に若干プラス

ビジネス

米景気回復は継続へ、コロナ抑制なら=フィラデルフィ

ワールド

日ロ、コロナワクチン開発協力を協議 首脳が電話会談

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「あ…

  • 10

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 1

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月