最新記事

米中関係

トランプ、習近平の懐柔策に「米中貿易不均衡は歴代大統領の責任」

2017年11月11日(土)14時16分

11月9日、訪中したトランプ大統領(中央)は、習主席(右)と中国を手放しで称賛。巨額の対米貿易黒字を増やし続ける同国の能力さえほめそやし、その責任は歴代の米大統領にあるとした。北京で8日撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

中国の習近平国家主席が、北京を訪れたトランプ米大統領に破格のもてなしで好印象を与えようとしたなら、それは功を奏したようだ。

トランプ大統領は、習主席と中国を手放しで称賛。巨額の対米貿易黒字を増やし続ける同国の能力さえほめそやし、その責任は歴代の米大統領にあるとした。

貿易や北朝鮮や、米国で問題となっている鎮痛剤オピオイド規制などの問題について議論したという習主席との会談について、トランプ大統領は「素晴らしかった」と説明。ただ、米企業の中国市場へのアクセス緩和や北朝鮮に核兵器開発を放棄させるための圧力強化といったことでは大きな進展は見られなかった。

「あなたに対する感情はとても温かいものです」と、トランプ大統領は習主席の傍らに立ち、こう語った。

習夫妻はその前日、トランプ夫妻を紫禁城に案内し、そこで晩餐会を開くなど、中国を訪れる外国首脳の待遇としては異例の特別扱いでもてなした。

「言った通り、われわれはとても相性が良い。中国と米国のために、われわれには素晴らしいことができると考えている」とトランプ大統領は述べた。

4月に習主席が訪米し、トランプ大統領の別荘で初めて両首脳が顔を合わせてから、そのように良好な関係が生まれた。貿易や北朝鮮問題における大きな違いや、中国が強める主張への西側の懸念は和らいだ。

日本の安倍晋三首相と親しくゴルフ外交を楽しむ一方、トランプ大統領は習主席やロシアのプーチン大統領、フィリピンのドゥテルテ大統領といった独裁的指導者を称賛する。

スタイルという点において、世界の2大経済大国のリーダーである2人は正反対である。習主席は用意周到で慎重なタイプであり、堅実なイメージをつくり上げている。一方、1年前に米大統領選で逆転勝利を収める以前は不動産王でリアリティーテレビ番組のスターだったトランプ氏は、即興が得意で、ツイッターで自由奔放につぶやき、誇張した発言をすることで知られる。

また2人はそれぞれ、国内においては異なる政治的現実に直面している。習主席は先月、5年に1度開かれる共産党大会でこれまで以上に権力を強固なものとした。一方のトランプ大統領は、支持率は低迷し、大統領選での自身の陣営とロシアとのつながりを巡る捜査が足かせとなっている。とはいえ、米株市場の記録的高水準を自分たちの功績だと大統領と側近らは主張している。

ニュース速報

ワールド

米朝対話、北朝鮮の非核化につながることが必要=ホワ

ビジネス

米政権が北朝鮮に大規模制裁、海運会社など対象 「第

ビジネス

1月の中国新築住宅価格、前月比+0.3% 1級都市

ビジネス

パウエルFRB議長の議会証言に注目=今週の米株市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月