最新記事

スペイン

プチデモン、州議会選実施受け入れ スペイン高等裁は出廷要請

2017年11月1日(水)09時10分

10月31日、スペイン・カタルーニャ自治州の首相を解任されたプチデモン氏(写真)は、ベルギーのブリュッセルで会見を開き、中央政府による12月21日の州議会選挙実施を受け入れると表明した。ブリュッセルで撮影(2017年 ロイター/Yves Herman)

スペイン・カタルーニャ自治州の首相を解任されたプチデモン氏は31日、ブリュッセルで会見を開き、中央政府による12月21日の州議会選挙実施を受け入れると表明した。ただ、独立に向けた戦いは続くと強調した。

一方、スペインの高等裁判所は、プチデモン氏のほか州幹部13人に対し、証言のため11月2日と3日に出廷するよう求めた。プチデモン氏や他の州幹部に対する国家反逆罪や扇動罪の公判手続きを始めたことも明らかにした。

プチデモン氏はカタルーニャ州議会による独立宣言後、ブリュッセルに渡っており、出廷要請に応じるかどうかは不透明だ。

ベルガ通信によると、ベルギー当局はプチデモン氏の滞在中、同氏に保護を提供する必要があるかどうか検討しているという。

プチデモン氏はこれより先に行った会見で、ベルギーへの亡命は求めていないと言明。中央政府の「保証」が得られればカタルーニャに戻るとしていた。

スペインの憲法裁判所は31日、州の独立宣言の無効を言い渡した。

独立賛成派の指導部が混乱するなか、今週に入り、中央政府による直接統治への目ぼしい抗議活動は起きていない。

ただ、31日に公表された世論調査では、独立への支持が約3年ぶりの水準に高まったことが示された。10月16─29日に実施されたカタルーニャ州の公式世論調査によると、独立を支持する住民は48.7%と、6月時点の41.1%から上昇し、2014年12月以来の高水準となった。

プチデモン氏は会見で「カタルーニャの人々へ、長い道のりに備えるよう求める。民主主義がわれわれの勝利の基礎となるだろう」と訴えた。

中央政府は12月の選挙へのプチデモン氏の出馬を歓迎する意向を示している。ラホイ首相は、選挙で独立反対派の党が過半数を獲得し、独立への動きに歯止めをかけることを期待している。

一方、プチデモン氏は賛成派の勝利で独立への機運が再び高まることを願う。

ニュース速報

ワールド

アングル:イタリア総選挙、甘い公約に潜む「債務の時

ビジネス

アングル:米株の波乱「まだ終わらない」、古参投資家

ビジネス

アングル:米株市場、長期金利への反応に変化 一部に

ワールド

焦点:足元の原油安、底打ちはいつか

MAGAZINE

特集:AI 新局面

2018-2・20号(2/14発売)

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

  • 5

    宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    英ネズミ捕獲長ラリーはサボってる? 立場を脅かす…

  • 9

    友達の多い貧乏人、友達の少ないお金持ち

  • 10

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった