最新記事

座談会

中国政治ブロガーが指南する党大会の楽しみ方(もちろん人事予想付き)

2017年10月12日(木)19時33分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

2015年の全国人民代表大会にて。習近平総書記が話し掛けている右の人物は現常務委員の劉雲山で、10月18日から始まる十九大で引退する見込み Jason Lee-REUTERS

<鋭い中国政局予測を展開する日本人ブロガー、水彩画氏とUJC氏。なぜゴシップ情報が飛び交うのか。日本メディアはどこから情報を得ているのか。出世コースは今も変わらないのか。そして十九大の常務委員予想は? さあ始まり始まり~>

突然の総選挙で大騒ぎとなった日本政治、連日ワイドショーで特集が組まれるさまは政治の娯楽ショー化を思わせる。もっとも、日本人ばかりが脳天気なのではない。世界のどの国においても床屋政談を楽しむ人々はいる。一党独裁を続ける中国も例外ではない。10月18日に開催される5年に1度の党大会(中国共産党第19回全国代表大会、通称「十九大」)を控え、床屋政談家はお祭りモードである。

中国では政治絡みのニュース、中国語でいうところの"敏感"なニュースは厳しく規制されているが、それにもかかわらず、いや信頼できる情報がないからこそ余計に、人々が妄想たくましくわいわい楽しめる格好の娯楽となっているのだ。

5年に1度の政治ショーをいかに楽しむべきか。日本人ながらも、楽しみつつ鋭い中国政局予測を展開する2人の中国政治ブロガーに話を聞いた。ブログ「中国という隣人」の管理人である水彩画氏と、ブログ「The Useless Journal of CHINA」の管理人、UJC氏だ。

◇ ◇ ◇

――中国では政治に関するメディアの報道は厳しく規制され世論調査もありません。政治談義を楽しもうにも材料がないように思われますが?

水彩画 材料が全くないってのは違いますよ。例えば公式報道。私は「葬式ウォッチャー」を名乗ってますが、中国共産党の老党員が死去するたびに誰が参列したのか、誰が電報を送ったのかなどチェックしてます。中国共産党の指導者、元老にとって葬式はアピールチャンスですからね。名前をともかく出して存在感を示すわけですよ。というわけで、公式報道を丹念にチェックすることで手がかりが得られます。

もちろん裏を読まなきゃいけないので難しい。先日は王岐山・中央紀律検査委員会書記が、ある著名研究者の葬式に花束を贈っていないことが話題となりました。政治局常務委員7人のうち、彼だけが送っていない。王岐山は党大会で引退か留任かが取り沙汰されている人物ですから「花束を贈っていない! 失脚のきざしか!」などと話題になったのですが、実は王岐山って学者の葬式にはほとんど花束を贈っていないんですね。実務派で知られる人物なので、あんまりこうしたアピールが好きじゃないというだけかもしれません。なのに誤解が広がって大騒ぎに。

中国で床屋政談を楽しんでいる人たちは、こういう穴だらけの情報で一喜一憂していますよね。情報が少ない分、妄想力で勝負しなければいけない部分もあるんですが、それだけに確認できる部分はちゃんとチェックする細かさがないとただの妄想だけで終わってしまいますね。事実を積み上げて土台を作り、足りない部分は予測で補うわけです。

UJC 公式情報以外では外国華字メディアの報道に注目します。アメリカに本拠を置く明鏡は、前回の十八大で中央政治局常務委員7人、中央政治局委員25人全てを当てるという離れ業を成し遂げました。同じくアメリカの多維は十七大では出色の報道が多かったのですが、中国の資本が入ったとか入らなかったとかで、最近はおとなしめですね。権力争いの過程において敵の足を引っ張ろうと海外メディアに情報を流すのは常套手段ですよ。

水彩画 あるある(笑)。突然、高級官僚***は母乳風俗店に通っているとかいう記事が出てきたりね(笑)。

UJC リークの最大の発信源となってきたのが香港政治ゴシップメディアなんですが、この5年間で激しく衰退しました。中国資本が入った正規の書店販売ルートからは締め出されましたし、銅鑼湾書店事件(2015年秋以降、政治ゴシップ本の出版社、販売書店の経営者らがタイや香港から拉致され、中国当局に逮捕された事件)の萎縮効果もあります。政治ゴシップ本の多くは中国本土の人が購入していました。本土では買えない、香港名物のお土産ですよ(笑)。今じゃ空港など観光客が多い場所では売れなくなって、商売的に厳しくなっていると聞きますね。

ニュース速報

ワールド

必要な医療体制できていない、国民が不安に感じている

ビジネス

中国、年間経済成長目標の設定をやめるべき=人民銀政

ビジネス

ETFなどの買い入れ、柔軟な調整の余地探るべき=1

ワールド

独財務相、イエレン氏に祝意 デジタル課税巡る交渉進

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月