最新記事

中国政治

「共産党の闘争は文革の再演」

2017年8月4日(金)15時30分
長岡義博(本誌編集長)

後継者とも目された孫政才があえなく失脚したのは習近平の意にそぐわなかったから? Feng Li/GETTY IMAGES

<秋の党大会を前にした突然の次期トップ候補失脚は嵐の前兆か? 在米中国人評論家が語る「習近平独裁」の行方>

今年秋に19回目となる党大会を開く中国共産党が揺れている。その最大の震源は、ニューヨークに住む中国人富豪で、ツイッターと動画を使って連日、高官たちの腐敗情報を暴露している郭文貴(クオ・ウエンコイ)だ。

郭の最大のターゲットは、習近平(シー・チンピン)国家主席の盟友で反汚職運動の先頭に立つ共産党最高指導部の1人、王岐山(ワン・チーシャン)。王は暴露が始まった4月から約3カ月間、公の場から姿を消した。先日、中国のテレビでようやく「復活」したが、その姿はやつれ、以前の精彩をすっかり欠いていた。

党大会を前にした政治闘争の中心にいるのは、独裁体制を固めつつあるとされる習だ。国内政治だけでなく、外交的にも岐路に立つ「習近平の中国」はどこへ向かうのか。独自の中国政治分析で知られる在米政治評論家の陳破空(チェン・ポーコン)に、長岡義博・本誌編集長が聞いた。

***


――郭文貴が共産党幹部のスキャンダルの暴露を続けている。どう評価するか。
中国にはこのような詩がある。「坑灰未冷山東乱 劉項原来不読書」。秦の始皇帝が「焚書坑儒」によって知識人を弾圧し支配を固めようとしたが、結局秦を倒したのは書物を読まない劉邦や項羽のような人物だった、という意味だ。

共産党は知識人である(反体制活動家の)劉暁波(リウ・シアオポー)を葬り去った。しかし、劉邦や項羽と同様に知識人ではない郭は、共産党にどう批判されても全く気にしない。そして高官批判を続け、その暴露情報は彼らを脅威にさらしている。この詩は中国の歴史の教訓だ。

――彼の暴露情報は秋の党大会に影響するか。
可能性はある。王は従来の観測どおり最高指導部に残留する、引退する、あるいは習と政治闘争を始める、という3つの可能性がある。いずれにせよ、党大会へ向けた「変数」が大きくなっている。

【参考記事】中国共産党のキングメーカー、貴州コネクションに注目せよ

――次期トップ候補の1人だった孫政才(スン・チョンツァイ)前重慶市党委員会書記の最近の失脚は、郭と関係があるのか。
郭がネットで孫の「政治的才能」を称賛した直後、孫は失脚した。もともと習と孫の関係は悪くなかったとされる。習に続く「第6世代」の指導者とみられた孫が失脚したのは、(独裁体制を固めようとする)習が後継者は不要だと考えるようになり、孫が恨みを抱くようになって、それを習に知られた......というのが1つの見立てだ。

習に恨みを抱くようになった孫の下に、習に反感を持つ政治家が集まるようになり、習がそれを疑った可能性もある。

こういった動きは文革を彷彿させる。毛沢東(マオ・ツォートン)にとって後継者は大問題だったが、最初に選んだ劉少奇(リウ・シャオチー)(国家主席)、林彪(リン・ピアオ)(国防相)をいずれも死に追いやった。習は最初の任期が終わらないうちに後継者問題を起こしている。それだけ権力闘争が激しくなっている。

ニュース速報

ビジネス

富士フイルム、日立の画像診断関連事業の買収完了時期

ビジネス

日経平均は4日続伸、497円高 終値は3カ月ぶり高

ワールド

米民主党議員ら、子どものプライバシー保護巡りTik

ワールド

新型コロナ、東京都で新たに15人の感染確認=報道

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月