最新記事

医療

HIVが「事実上治癒」した常識破りの南アフリカ9歳児

2017年8月1日(火)16時41分
ニューズウィーク日本版編集部

世界最大のHIV感染者を抱える南アフリカ(本文の9歳児とは関係ありません) Siphiwe Sibeko-REUTERS

<感染すれば一生治療から逃れられない、とのHIVの常識を覆し、8年以上治療をせずにHIVウイルスが検出されない事例が発表され、研究者たちを驚嘆させている。カギを握るのは何か?>

ひとたびHIVに感染すれば、エイズ発症や症状を抑えるために一生治療を続けなければならない――それが常識だ。だが7月24日、世界の研究者たちを驚嘆させる事例が発表された。

出生時にHIV感染者の母親から母子感染した南アフリカの9歳の子供が、8年以上治療をしていないのにHIVウイルスが検出されない「寛解」の状態であることが明らかにされたのだ。

この9歳児は生後9週で臨床試験に参加。複数の抗HIV薬を同時に内服する「強力な抗ウイルス療法(ART)」を40週間受けた。当時、生後間もないHIV感染児にARTを実施するのは一般的ではなかったが、143人の無作為抽出の被験者の1人として臨床試験に加わった。

40週後に血液中からウイルスが検出されなかったため、この子供は治療を中止。以来9歳になった現在まで、ウイルスのない状態が続いている。BBCは「事実上の治癒」と報じた。

パリで行われた国際エイズ学会でこの事例を発表したヨハネスブルクの研究者エイビー・ビオラリは「私の知る限り、早期に無作為抽出ARTを受けた中で世界初の事例だ」としている。

【参考記事】Picture Power エイズと生きる 過酷な現実と希望

同様の過去2例と共通する「超早期の集中的治療」

HIVウイルスは体内の免疫システムを攻撃し、感染者をさまざまな病気にかかりやすくする。HIV感染者の免疫機能が低下し、指標である23の合併症のうちいずれかを発症した状態がエイズ(後天性免疫不全症候群)だ。

その治療法として、最近では早期のARTが主流になっている。以前に比べて副作用などが飛躍的に改善され、多くの感染者に取り入れられているが、それでも吐き気や不眠症、貧血などに苦しむ患者は多い。

今回の南アフリカの子供の事例について、英国HIV協会を代表して取材に応じた英インペリアル・カレッジのサラ・フィドラー教授は「専門的な観点からは完治とは言えない」としながらも「血中にHIVウイルスがなく、同年代の子供たちと比較して免疫状態も正常だ」と言う。

実はこれまでにも、HIV感染者が長期間治療せず、ウイルスも検出されずに過ごしたケースは、世界で2例だけ存在した。

1人は2010年にミシシッピ州で誕生した女児で、母親から母子感染し、生後間もなく高レベルの抗ウイルス治療薬投与を開始。1歳半で治療を中止したが3歳までウイルスが検出されない状態が続いた。ただ、2014年に再びHIVウイルスが検出され、もはや寛解ではないと医師が判断。ARTを再開することになった。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは106円後半、実需の買いで上昇 後が続

ワールド

米韓、延期中の合同軍事演習実施へ協議中=韓国統一相

ワールド

英新党、EU離脱撤回目指す 最終合意否決を議員に要

ワールド

豪オイル・サーチ、2017年は大幅増益 パプアニュ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙。この男に心はあるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 5

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    「トランプは我々を犬扱いした」プエルトリコの怒り…

  • 8

    「コーヒー摂取の健康リスク」に関する注意喚起がカ…

  • 9

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月