最新記事

キャリア

1900円のシャツと8900円のシャツは何が違うのか?

2017年7月28日(金)16時59分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

 1万9800円と2万9800円のスーツではたいした違いはないでしょうが、1万9800円と5万9800円を着比べてみてください。「このことか」とわかるはずです(もちろん、どちらもサイズが合っていることは前提です)。

 当たり前ですが、1万9800円のスーツは「それなり」です。「衣」「食」「住」にそれぞれどのくらいお金を配分するかは所得やライフスタイルによって変わりますし、優先順位もあるでしょうが、スカートやスラックス、ワンピースなどさまざまなデザインがあり、それでうやむやにすることができる女性のファッションと違い、ジャケットとスラックスのみで構成されるスーツは価格で差が出やすいです。自分への投資として、プラス2万(できれば3万)ジャンプアップしてみましょう。「違う男」になれますので。

1900円と8900円のシャツは何が違うのか?

 さきほど、高いスーツと安いスーツの比較をしましたが、シャツも同じです。スーツの場合高いスーツほど生地のウールの含有量が増え、ポリエステルが減ってきますが、シャツの場合高くなるほど綿の含有量が増え、ポリエステルが減ってきます。

 綿の含有量が多くなると風合いがよくなります(ああだこうだ言うより、着ればわかります)。また、明らかに透けにくくなります。

 アイドルのグラビアで、夏、水着の上にメンズシャツを着て、胸元や二の腕あたりに霧吹きで水をかけてシャツが素肌にぴたっとはりつき、肌の色がシャツ越しに透けているあの定番スタイルは、水着姿そのままのときよりも露出度は下がっているのにエロいというエロの奥深さを教えてくれますが、そういうときにアイドルが着ているメンズシャツはポリエステルの含有量が多いシャツのはずです。

 水着グラビアでアイドルが着るシャツとしては及第点ですが、職場で成人男性のシャツが透けていても喜ぶ人はいません。下の肌着が透けるのもかっこわるいですし、当然、乳首が見えようものなら、ちくハラ(乳首ハラスメント)です。

「綿100%だと、アイロンがけが必要なんじゃない?」という方、今は綿100%でも形態安定のシャツは増えていますよ。

 先ほど1万9800円のスーツと5万9800円のスーツの違いについて触れましたが、「今まで1万9800円のスーツだったけど、5万9800円のスーツにするぞ〜!」というのは、清水の舞台からそいやー! と飛び降りるようなチャレンジングな行為でしょう。なので、まず試してほしいのが、今までがポリエステルと綿の混合のシャツばかりなら、次は綿100%を試してみるということです。既製品だと安くて5000円くらいから買えます。特にシャツ一枚になるクールビズ期はシャツの品質が目立ちます。

 私服のファッションアイテムを比較する場合、形も色もさまざまな無差別級ですが、スーツのファッションは、スーツもシャツも基本的に「同じ形」なので、素材の違いがはっきり出ます。香水にお金を使うくらいなら、いいシャツを買うほうがはるかに有意義なお金の使い方ですよ。

【参考記事】40代独身男性はスーツをどのように着ればダサくないか


『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。
――会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』
 石徹白未亜 著
 CCCメディアハウス

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、OPEC批判 人為的に高い原油「

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案引き上げ正式発表 1株4

ビジネス

GE、第1四半期調整後利益は予想上回る 株価6.8

ビジネス

武田薬、シャイアー買収提案価格引き上げの公算 1株

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 2

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 3

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知っているので最悪の事態にはならない

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    地球外生命体との「未知との遭遇」は中国のほうが先?

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月