最新記事

キャリア

1900円のシャツと8900円のシャツは何が違うのか?

2017年7月28日(金)16時59分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

 1万9800円と2万9800円のスーツではたいした違いはないでしょうが、1万9800円と5万9800円を着比べてみてください。「このことか」とわかるはずです(もちろん、どちらもサイズが合っていることは前提です)。

 当たり前ですが、1万9800円のスーツは「それなり」です。「衣」「食」「住」にそれぞれどのくらいお金を配分するかは所得やライフスタイルによって変わりますし、優先順位もあるでしょうが、スカートやスラックス、ワンピースなどさまざまなデザインがあり、それでうやむやにすることができる女性のファッションと違い、ジャケットとスラックスのみで構成されるスーツは価格で差が出やすいです。自分への投資として、プラス2万(できれば3万)ジャンプアップしてみましょう。「違う男」になれますので。

1900円と8900円のシャツは何が違うのか?

 さきほど、高いスーツと安いスーツの比較をしましたが、シャツも同じです。スーツの場合高いスーツほど生地のウールの含有量が増え、ポリエステルが減ってきますが、シャツの場合高くなるほど綿の含有量が増え、ポリエステルが減ってきます。

 綿の含有量が多くなると風合いがよくなります(ああだこうだ言うより、着ればわかります)。また、明らかに透けにくくなります。

 アイドルのグラビアで、夏、水着の上にメンズシャツを着て、胸元や二の腕あたりに霧吹きで水をかけてシャツが素肌にぴたっとはりつき、肌の色がシャツ越しに透けているあの定番スタイルは、水着姿そのままのときよりも露出度は下がっているのにエロいというエロの奥深さを教えてくれますが、そういうときにアイドルが着ているメンズシャツはポリエステルの含有量が多いシャツのはずです。

 水着グラビアでアイドルが着るシャツとしては及第点ですが、職場で成人男性のシャツが透けていても喜ぶ人はいません。下の肌着が透けるのもかっこわるいですし、当然、乳首が見えようものなら、ちくハラ(乳首ハラスメント)です。

「綿100%だと、アイロンがけが必要なんじゃない?」という方、今は綿100%でも形態安定のシャツは増えていますよ。

 先ほど1万9800円のスーツと5万9800円のスーツの違いについて触れましたが、「今まで1万9800円のスーツだったけど、5万9800円のスーツにするぞ〜!」というのは、清水の舞台からそいやー! と飛び降りるようなチャレンジングな行為でしょう。なので、まず試してほしいのが、今までがポリエステルと綿の混合のシャツばかりなら、次は綿100%を試してみるということです。既製品だと安くて5000円くらいから買えます。特にシャツ一枚になるクールビズ期はシャツの品質が目立ちます。

 私服のファッションアイテムを比較する場合、形も色もさまざまな無差別級ですが、スーツのファッションは、スーツもシャツも基本的に「同じ形」なので、素材の違いがはっきり出ます。香水にお金を使うくらいなら、いいシャツを買うほうがはるかに有意義なお金の使い方ですよ。

【参考記事】40代独身男性はスーツをどのように着ればダサくないか


『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。
――会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』
 石徹白未亜 著
 CCCメディアハウス

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀次期総裁、劉鶴政治局委員が最有力=関係筋

ビジネス

米政権、北朝鮮に大規模な制裁 船舶・海運会社など対

ビジネス

アングル:欧州企業の業績上振れ鮮明、通期2桁増益予

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 3

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

  • 4

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 5

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 10

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 6

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 7

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月