最新記事

ビジネス

いまなぜ「国産」? オーダースーツが人気のメンズファッション

2017年4月28日(金)15時02分
海老原光宏 ※Pen Onlineより転載

「HANABISHI 銀座店」

いま、国内ファッション市場は不調と言えます。三陽商会やワールドなどの大手アパレルのリストラや、三越伊勢丹、西武・そごうなど百貨店の店舗閉鎖など日々暗いニュースを目にし、直近の報道媒体でも、経済誌『日経ビジネス』では「買いたい服がない」(2016年10月3日号)、ファッション週刊紙『WWD JAPAN』では「ファッションは本当にオワコンか」(2017年1月9日号)といった、キャッチーなタイトルの悲惨な特集が組まれています。日本のファッション消費が転換点を迎えているのは間違いありません。

【参考記事】森岡書店店主・森岡督行さんが案内する、もうひとつの銀座。

しかしそんな中でも沸々とたぎっている分野があります。それがメンズファッションです。もともと日本のメンズデザイナーズブランドの評価が世界的に高いのはご存じでしょう。けれども今回はモードの世界の話ではありません。コンサバティブなビジネススーツの領域です。では、それがいま受けている理由とは何でしょうか?

老舗オーダースーツが銀座に進出

ラグジュアリーブランドや老舗テーラーが軒を連ねる銀座に3月16日、イージーオーダースーツブランドの旗艦店がオープンしました。埼玉に本社を構える花菱縫製の「HANABISHI 銀座店」です。同社は1935年創業のオーダースーツ事業をメインに据えた老舗アパレル企業。国内5か所の自社工場をもち、今まで培ってきたノウハウによって、職人の手仕事とマシンメイドのハイブリッドでスーツを日々生産しています。ブランドサイトで発信しているメイキング動画は洋服好きなら思わず見入ってしまうもの。


(花菱によるオーダースーツのメイキングムービー)

既存のHANABISHIショップは北海道から東海にかけて18店舗を展開。19店舗目となる銀座の旗艦店は2層にわたり、1階にはフラッグシップならではの買い付けブランドが並びます。セレクトされているシューズの「Mark Boots」やジーンズの「Betty Smith」はオーダー専門で、価格はそれぞれ¥65,000〜、¥31,000〜。こうしたアイテムをスーツに合わせて購入するのもHANABISHI銀座店らしい楽しみ方でしょう。そのほか、バッグの「Kiefer neu」、ネクタイ・チーフの「Franco Bassi」、カフス・タイバーの「ELIZABETH PARKER」などドレスアイテムも揃っています。

【参考記事】ソニーがプロデュースするユニークなインテリアショップ「Life Space Collection」が、期間限定でオープン!


hanabishi_VVaHmGA.jpg

「HANABISHI 銀座店」の1階内観。買い付けられたアイテムが並んでいます。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月