最新記事

アウトドア

東京五輪の追加種目スピードクライミングを体感する専用壁が登場

2017年4月17日(月)17時51分
和田達彦  ※Pen Onlineより転載

新設置のスピードクライミング専用ウォール。来たる競技に向け、準備は万端です。

2020年の東京オリンピックで、野球や空手、サーフィンなどとともに追加種目になることが決定している「スポーツクライミング」。この競技は、到達高度を競う「リード」、クリアコースの数を競う「ボルダリング」、そしてタイムを競う「スピード」の3種目で行われます。

最近は都内でもクライミングジムが増え、ボルダリングやリードを楽しんでいる人々の姿を見たことのある方も多いでしょう。しかしスピードとなると、専用のウォールを備えた施設が少なく、まだ実際に競技を行っているところを見る機会は少ないのが現状です。

【参考記事】日常づかいできるバッグに遊び心を与えた、夜になるとシルバーに輝く「TUMI」に注目!

しかしこの春、東京・昭島の複合商業施設「モリパーク アウトドアヴィレッジ」に、スポーツクライミング専用ウォールが登場しました。約21,000平方メートルの敷地にさまざまなアウトドアブランドの直営店やクライミングジム&ヨガスタジオ、ミニトレッキングコースや芝生広場などが揃う同施設。ここには高さ16.45メートル、幅11~15メートルのリードウォールがあり、施設のシンボルとなっていましたが、新しくできたスピードウォールも、高さ17.5メートル、幅12メートルとさらにパワーアップ。国際競技基準(IFSCルール)に準拠し、4人同時の競技も可能な国内最大級のスピードクライミング専用ウォールとなります。またリードウォール、スピードウォールの他に高さ5メートル、幅56メートルのボルダリングウォールもあるので、ここを訪れれば、スポーツクライミング3種目すべてを体験・体感できるというわけです。

newsweek_20170417_180658.jpg

スピードクライミング専用ウォールのほかに、ボルダリングやリードに挑めるウォールも存在。

【参考記事】アロマ豊かな「ソーヴィニヨン・ブラン」に出合う、カリフォルニアワインの旅。【前編】

4月16日(日)には、このウォールのお披露目を兼ねて、『第3回スポーツクライミング東京選手権大会(スピード種目)』と、海外トップ選手を招いたエキシビジョン『SPEED STARS 2017 SPEED CLIMBING CUP』が開催されました。

暖かくなって、アウトドアでカラダを動かしたくなってきたその気持ちに勢いをつけるために、スポーツクライミング競技から刺激をもらいに行くのはいかがでしょう?

newsweek_20170417_180756.jpg

ミニトレッキングコースやヨガスタジオ、アウトドアブランドの直営店もある同パーク。休日に楽しみながら体を動かせること間違いなし。


MORI PARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)

東京都昭島市田中町610-4
TEL : 042-541-0700
営業時間:11時~20時(月〜金)、10時~20時(土、日、祝)
休:水曜
http://outdoorvillage.tokyo


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

PenOnline





ニュース速報

ワールド

中国本土、新型コロナ新規感染者は9人に増加

ワールド

中国、20─25年に6─8基の原発建設へ=チャイナ

ビジネス

前場の日経平均は反発、ソフトバンクGが押し上げ

ワールド

メキシコ、新規感染者が過去最多 累計でスペイン抜き

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月