最新記事

パロディ

スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トランプの正体──SNL

Scarlett Johansson Just Gave Ivanka Trump the Perfume Ad She Deserves

2017年3月13日(月)16時59分
マシュー・ディーサム

体当たりの演技? イバンカ・トランプになりきったスカーレット・ヨハンソン Courtesy of NBC / Footwear News

<父トランプの暴走を止めそうで止めないイバンカ・トランプの正体を、スカーレット・ヨハンソンが演じきった>

ドナルド・トランプ米大統領がこれまで徹底的にネタにされたのに対し、比較的、餌食にされずにすんできたのが長女のイバンカ・トランプ。だが先週末の「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」は遂に、イバンカの本性を暴いて見せた。

【参考記事】有名俳優が「モノマネはもう辞める」と言った理由
【参考記事】ブチ切れトランプが復活? コメディ番組のモノマネに激怒

イバンカを演じるのは、イバンカのおちょぼ口をまねた女優のスカーレット・ヨハンソン。虚栄と富に満ちたけばけばしい社交界をすりぬけていくイバンカ。ナレーションがその後を追う。「彼女は自分が求めるものを知っている。自分が何をしているか知っている」。その言葉は、自立した女性に対する賛辞のようであると同時に、心神喪失を口実に罪を免れようとする被告を糾弾する検事のようでもある。イバンカ、父親の暴走を止めると言ったのに、あなたが頼りだったのに、なぜ黙って見ていたの?

動画のイバンカそっくりの薄笑いを浮かべたヨハンソンはこう言っているようだ。「私は悪くない、パパを愛し過ぎていただけ、何とか良いことをさせようとしたけど、こんなひどいことになるとは思わなかった、ところで、『イバンカ・トランプ』の新作はもうご覧になった?」

【参考記事】サタデー・ナイト・ライブに「スパイサー報道官」が笑劇デビュー!

そこに、エレガントな香水の瓶が表われる。香水の名は、「共謀者(Complicit)」──。

優等生を演じるイバンカに騙されないよう、いつも見返しておくべき動画だ。


© 2017, Slate

ニュース速報

ビジネス

豪中銀、当面は金利据え置きへ=ロウ総裁

ワールド

原油先物に売り、WTIは7週連続下落へ

ワールド

伊政府、橋崩落事故で運営会社の調査開始 罰金科す可

ビジネス

トランプ米大統領がドル高評価、「経済は堅調」

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 3

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 7

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 8

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月