最新記事

コメディ

サタデー・ナイト・ライブに「スパイサー報道官」が笑劇デビュー!

2017年2月8日(水)17時46分
ライアン・ボート

大統領就任式の参加者は過去最大だったと強弁したスパイサー Carlos Barria-REUTERS

<アレック・ボールドウィン演じるトランプの爆笑効果で22年ぶりの高視聴率を稼ぐSNLに、新たな傑作シリーズが誕生>

米NBCの人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」は先週土曜、トランプ政権のショーン・スパイサー報道官をパロディにして大ウケにウケ、女優メリッサ・マッカーシーが演じたその物まね自体がニュースになった。ご存じの通り、ボスのトランプはSNLが大嫌い。俳優のアレック・ボールドウィンにネタにされてはツイッターで怒りまくっている。いったい今度はどんなケチをつけたのだろう?

nbc.com170207-02.jpg
nbc.com

金髪を後ろになでつけ、大きめの男性用スーツを着たスパイサー役のマッカーシーは、こう言って会見を始めた。「今日は、過去2週間の君たちの私に対する扱いを、君たちに代わって自分に謝罪することから始めよう。許すわけないだろう、当たり前だ!」

ある意味、トランプ政権でいちばん大変なのはスパイサー。最初の仕事は、居並ぶ記者たちを相手に、トランプの大統領就任式の聴衆は過去最大だった、と言い張ることだった。大統領選挙の一般投票でヒラリー・クリントンに負けたのは「何百万人もの不法移民がクリントンに不正投票したから」だとトランプが言えば、それも弁護する。

「入国禁止は禁止の意味ではない」

マッカーシー演ずるスパイサーも、何が何でもトランプの政策を正当化するために攻撃的になっている。一部の移民や難民を入国禁止にした大統領令について記者に尋ねられると、「入国禁止は禁止という意味ではない、よって禁止令ではない!」と言い、記者が意味がわからないと説明を求めると、「私を解雇させて、別の人間を入れさせるつもりか!」と逆ギレ。

nbc.com170207-01.jpg
nbc.com

国際ホロコースト記念日にトランプがリリースした追悼文に600万人の犠牲を出したユダヤ人への言及がまったくなかった問題にもマッカーシーは突っ込んだ。記者の質問に対し、マッカーシー演ずるスパイサーは、そんな質問をするとはいい度胸じゃないか、とばかりに記者を水鉄砲でびしょ濡れにする。「その汚い、嘘つきの口」をきれいにしてやると言った。「どうしたらあの声明が反ユダヤ主義になるというんだ。スピーチライターはユダヤ人でホロコーストサバイバーの子孫なのに!(報道では、トランプ側近のボリス・エプスタインのことだと言われている)」

放送の翌日、FOXテレビのトーク番組「フォックス&フレンズ」がスーパーボウルでスパイサーを発見、マッカーシーの物まねについて感想を聞くと、「かわいいし、おかしかった」と、意外にしおらしく答えた。「そんなことより大統領がアメリカのために必死に取り組んでいる政策について話をしたいが、これもアメリカ文化の一部なんだろう」

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月