最新記事

インテリア

美しく上質な暖房家具が冬の快適空間を実現する──「mettre」

2017年2月4日(土)16時49分
※Pen Onlineより転載

壁面やバスルーム、キッチン、エントランス、トイレなどに置くための美しいヒーター。快適な室内気候を探求する「PS」と、温かみがあり、暮らしを豊かに彩る家具を造る「norsk(ノルスク)」が出合い、うまれたのが「mettre(メトル)」です。

(参考記事:こ、これでも腕時計!? 革新的な複雑メカで知られるブランドによる「無用の用」を究めた"ゲームピース"とは?

メトルは、見た目は家具なのに暖房機という、この時期にぴったりなアイテム。今回発表されたのは、クローゼット、キャビネット、シェルフ、ハンドメイドワゴンなど。いままでにない家具はどれもカラーリングが鮮やかで温かみのあるものばかり。なかでも、魅せるハンガーは一見ヒーターですが、バスタオルサイズのものがかけられるつくりで、とても実用的。家具に使用している素材も無垢の鉄と木のみ。それらの素材を手間を惜しまず職人の手でひとつひとつつくり上げていくため、ほかにはない贅沢で上質、そして何より温かみのある逸品に仕上がっています。

(参考記事:バリスタも驚くコーヒーメーカーって、本当にあるんですか?

メトルは壁面を必要としないため、取り付け工事も不要。設置場所を気にせず、好みのレイアウトを楽しめるのもポイントです。ふろ上がりのバスタオルをちょっとかけておけばふんわり乾かしてくれます。家具に「温かさ」を加えることで冬の寒い日、出かける前に暖かいコートを羽織ったり、寝室に入った瞬間、ほどよい暖かさを感じるなど、まだまだ寒さのつづく時期に、インテリア家具のひとつとして、メトルを取り入れてみてはいかがでしょうか?


newsweek_20170204_170027.JPG

かけているコートもほんのりあたためてくれる。クローゼット¥1,053,000

newsweek_20170204_170146.JPG

Tシャツやタオル類も置いたりかけたりすればすぐに乾燥。ハンガー¥572,400

newsweek_20170204_170243.JPG

ややレトロなデザイン。手動で温度の設定ができるので安全。ローラーはあくまでデザインですが、遊び心が感じられます。



※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

Pen Online





ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、注目州のウィスコンシンとミネソタで

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放を拒否=弁護士

ビジネス

中国の成長目標、貿易戦争あっても確実に達成 債務抑

ワールド

マルタに難民救助船が寄港へ、EU5カ国が難民受け入

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月