最新記事

インテリア

美しく上質な暖房家具が冬の快適空間を実現する──「mettre」

2017年2月4日(土)16時49分
※Pen Onlineより転載

壁面やバスルーム、キッチン、エントランス、トイレなどに置くための美しいヒーター。快適な室内気候を探求する「PS」と、温かみがあり、暮らしを豊かに彩る家具を造る「norsk(ノルスク)」が出合い、うまれたのが「mettre(メトル)」です。

(参考記事:こ、これでも腕時計!? 革新的な複雑メカで知られるブランドによる「無用の用」を究めた"ゲームピース"とは?

メトルは、見た目は家具なのに暖房機という、この時期にぴったりなアイテム。今回発表されたのは、クローゼット、キャビネット、シェルフ、ハンドメイドワゴンなど。いままでにない家具はどれもカラーリングが鮮やかで温かみのあるものばかり。なかでも、魅せるハンガーは一見ヒーターですが、バスタオルサイズのものがかけられるつくりで、とても実用的。家具に使用している素材も無垢の鉄と木のみ。それらの素材を手間を惜しまず職人の手でひとつひとつつくり上げていくため、ほかにはない贅沢で上質、そして何より温かみのある逸品に仕上がっています。

(参考記事:バリスタも驚くコーヒーメーカーって、本当にあるんですか?

メトルは壁面を必要としないため、取り付け工事も不要。設置場所を気にせず、好みのレイアウトを楽しめるのもポイントです。ふろ上がりのバスタオルをちょっとかけておけばふんわり乾かしてくれます。家具に「温かさ」を加えることで冬の寒い日、出かける前に暖かいコートを羽織ったり、寝室に入った瞬間、ほどよい暖かさを感じるなど、まだまだ寒さのつづく時期に、インテリア家具のひとつとして、メトルを取り入れてみてはいかがでしょうか?


newsweek_20170204_170027.JPG

かけているコートもほんのりあたためてくれる。クローゼット¥1,053,000

newsweek_20170204_170146.JPG

Tシャツやタオル類も置いたりかけたりすればすぐに乾燥。ハンガー¥572,400

newsweek_20170204_170243.JPG

ややレトロなデザイン。手動で温度の設定ができるので安全。ローラーはあくまでデザインですが、遊び心が感じられます。



※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

Pen Online





MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月